ERP と Workday の違い

ERP の一歩先を行く

エンタープライズ リソース プランニング (ERP) システムには制限が伴います。クラウドベースの ERP であっても、スピードが犠牲となる場合があります。Workday は、スピード、スマートさ、アジリティに優れた次世代ソリューションであるエンタープライズ マネジメント クラウドを提供します。これにより、ベストな状態で業務を行い、驚異的な成果をもたらすことができます。

データの中を歩く男性

エンタープライズ マネジメント クラウドとERP の違い

Workday でよりスピーディーに

スムーズなシステム基盤

インテリジェント オートメーションから機械学習に至るまで、Workday はスムーズな業務を実現するイノベーションを提供します。業務を中断することなく、Workday のイノベーションを導入することができます。

全体像の把握

ビジネスに関する総合的なインサイトを活用しましょう。Workday なら、財務データ人事データ、および業務データをひとつの統合データ コアで管理できます。スムーズに機能している点とそうでない点、またその解決方法を確認することができます。

ビジネスファーストのアプローチ

ニーズは刻々と進化します。こうしたニーズに合わせて、業務の運営方法に見合ったプロセスを素早く再構築することができます。しかもコーディングなしで再構築が可能で、セキュリティの問題もありません。

継続的な戦略の再構築

ビジネスは刻々と変化します。業務プランもそれに合わせて変化するべきではないでしょうか。Workday を導入すれば、シナリオの予測、動的なプランニング、迅速な実行が可能になり、途中で状況が変化しても柔軟に対処できるようになります。

ERP システムが阻害要因に

寄せ集めのようなプラットフォーム

多くのベンダーは、特定のテクノロジーでのみ動作するプラットフォーム ツールを提供しています。これらのツールを導入するにはカスタマイズが必要となり、アップグレードには手間とコストが伴います。その結果、アップグレードを諦めて、ニーズに合わなくなったシステムで作業し続けることになります。

サイロ化され、断片化されたデータ

ERP では、データが複数のシステムに存在しています。これをひとつにまとめるには時間がかかり、エラーの原因になります。データを活用して意思決定をスピードアップするどころか、データの照合に追われて行き詰まってしまいます。

柔軟性に欠ける非効率的なプロセス

複数のアプリケーション間でプロセスを変更するのは簡単なことではありません。これはクラウド ERP を使用している場合でも同様です。このような柔軟性に欠けるプロセスでは、システムを業務に合わせるのではなく、業務をシステムに合わせて運営することになってしまいます。

静的なプランニング

プランを立てるのは年に 1 ~ 2 回で、あとはそのプランに従うだけというのは、本来のビジネスのあり方ではないでしょう。しかし、ERP ではそれが起こりうるのです。状況が変化しても、それにプランを適応させることができなくなってしまいます。


Workday の財務ソリューションがどのように成功をもたらすかをご覧ください。

Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ