収益管理

契約から入金までのシームレスな収益管理

地域別の契約金額の棒グラフを表示しているエンタープライズ収益管理ダッシュボード。

特長

エンドツーエンドの収益管理

Workday 収益管理では収益ライフサイクル全体を管理できます。 

柔軟性と拡張性を備えた Workday の統合型収益管理を使えば、ビジネスニーズが変化してもそれに対応して成長を続けることができます。

主な機能
  • 契約から入金までの処理
  • ASC 606/IFRS 15 準拠
  • 採算性のレポーティング
  • プロジェクト請求管理
  • 顧客管理
  • 自動化された会社間振替
契約シナリオの比較 (収益カテゴリ別) を表示している RMS 収益シナリオ ツール。

包括的な収益認識

複雑な収益構造をサポートできる柔軟性を備えつつ、GAAP や IFRS の指針にも準拠します。さらに、What-If シナリオを実行してビジネスへの影響も事前に確認できます。

  • 収益イベントの記録
  • 詳細な公正価値分析
  • 契約のリンク付け
  • さまざまな組み合わせの収益認識

完全な可視性。柔軟な機能。グローバル コア。

堅牢なグローバル コア上に構築されたひとつのシステムの一部である、収益管理の機能を使ってあらゆるものを表示、調整、分析できます。

顧客と契約の全体像を把握

各契約の開始から完了までのライフサイクルで、顧客データの作成、承認、追跡を行います。契約に変更があればすべて反映し、より高い可視性とリスク低減を実現します。

幅広い請求モデルから選択できるほか、値上げ、貸倒処理、請求ルールに関する詳細なインサイトにより収益漏出を防ぎます。

自動的に会社間請求書が作成されるため、プロジェクト間でのクロスチャージ、正確性の向上、採算性の評価、収益とコストの正しい対応に役立ちます。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ