人事部門向けソリューション

常に変化するビジネス環境でリーダーシップを発揮する

人事部門は大きな転機を迎えており、その先には業務や職場、ワークフォースを変革する機会が広がっています。Workday のソリューションが、長期的な成功に向けて組織を導くうえでどのように役立つのかをご覧ください。

職場の再開

ニューノーマルに対応する

パンデミックで明らかになったのは、人事部門のリーダーには新たなモデルが必要だということです。それは、危機の中にあっても社員の安全を維持し、リモートやハイブリッドのワークフォースを管理し、業務の進化に応じて柔軟に計画を転換するためです。お客様が不確実な時代を進んでいくうえで Workday がどのように役立つかをご覧ください。

ビロンギングとダイバーシティ

すべての人が帰属意識を感じられる職場を作る

善意での対応にとどまらず、ビロンギング (帰属意識) とダイバーシティの目標を達成するにはどうすればよいでしょうか?まずは、VIBE™ (Value Inclusion, Belonging, Equity™) から始めてみましょう。ダイバーシティを確保した職場と、すべての人を重視する文化を作り出すため、Workday がどのように役立つかをご覧ください。

 

「単に多様な人たちが存在するというだけでなく、職場に対する帰属意識を創出し、社員が真の自己を業務で発揮できるようにするところまで到達しています」

エンプロイー エクスペリエンス管理

社員の満足度の高いエクスペリエンスを提供する

Workday は機械学習を活用してエンプロイー エクスペリエンスを提供することにより、キャリア パスのすべての段階で社員のエンゲージメントを維持します。Workday のエンプロイー エクスペリエンス管理ソリューションが、ワークフォースの総合的なエンパワーメント、サポート、つながり、モチベーション付与にどのように役立つかをご覧ください。

スキルの再習得と人財の最適化

仕事の未来を見据えた人材育成

ワークフォースのスキル再習得や新たな能力の開発により、変化するビジネスの需要に対応できるようにしておくことは重要です。Workday は機械学習を活用することにより、お客様が現在備えているスキルや必要とするスキルを把握し、スキル ギャップを埋めるにはどうしたら良いかを理解できるよう支援しています。

従業員のスキルの見積と検証を実施する

Workday はワークフォースのスキルを把握するため、汎用的なオントロジーを提供します。

人財と新たな機会を結びつける

社員が新たなスキルを開発するための学習、パーソナライズされたキャリア ジャーニー、社内での機会について提案を行います。

 

「1 週間前、1 日前、あるいは直前の通知でも、新たな変化に対処する準備はできています。次に起こることへの備えは万全です」

ワークフォースの最適化

すべての従業員に存在価値を持たせる

リモート ワークフォースの実現や、社員の再配置、時間の追跡や報酬の支払に関する柔軟な方法の提供などさまざまな場面で、ワークフォース管理の重要性はかつてないほどに高まっています。Workday が提供するアジリティにより、自社のワークフォースの真の価値を実現できます。



HR サービス提供

社員自ら対応できるよう促す

チケット システムのみに依存するのではなく、Workday の活用により社員が回答やパーソナライズされたサポートに直接アクセスし、全面的に最適化された HR サービス提供のエクスペリエンスを得るようにすることで、社員が自力で解決できることを増やして効率性を大幅に向上させることができます。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ