Workday の方針

Workday のコア バリューはあらゆる活動の指針です。

Workday のコア バリューは、企業のリーダーシップや日々の意思決定におけるフレームワークとして活用され、従業員が生き生きと働くために役立っています。単純なことのようですが、現実では企業はそもそも政治的な駆け引きや現実逃避、市場の喧噪に振り回されてしまい、成功を目指して全力を尽くすことがおざなりになっています。

Workday で働く私たちにとって何が重要であるかを定義するコア バリューと信念は次のとおりです。

社員

最も基本的なことですが、Workday のビジネスの中核を担うのは社員です。社員がいなければビジネスは成り立ちません。Workday には最高の人々が集まり、素晴らしい成果を出しています。

顧客サービス

Workday が投資や意思決定を行うときは常にお客様のことを念頭に置き、お客様のニーズと課題を最優先に考えて全力を尽くします。

イノベーション

Workday は、開発組織だけでなく、ビジネスのあらゆる側面への取り組み方においてもイノベーションを目指します。

誠実性

私たちは本当に思っていることしか言いません。私たちが思っていることは、私たちが口にした言葉です。私たちは責任を果たし、すべての人と公平に接し、オープンで誠実な意思疎通を行います。

楽しむ

ユーモアのセンスがあることも重要だと考えています。笑うことで、仕事がさらに楽しくなります。社員とその家族が通常の業務を越えて Workday とのつながりを感じることができるようなコミュニティおよび全社イベントへの投資も行っています。

採算性

経済的な成功が長く続くことにより、社員とお客様に最適な生産性ツール、ソリューション、およびサービスを提供できます。採算性は重要ですが、私たちの存在理由ではありません。簡単に言うと、Workday において私たちは優れた製品とサービスを作り、提供するために存在しています。

詳細については、Workday の行動規範 (英語)をご覧ください。