データ ハブ

必要なデータをすべて、
ひとつのデータ ハブで管理

データ カタログ フローを表示している請求書分析ダッシュボード。

特長

パートナーシップを構築して業績を押し上げる

財務や人事、事業部門のマネージャからリクエストされるすべての分析とレポーティングに IT 部門が対応できるようになります。

自社のトランザクション データを外部の膨大な業務データに接続し、組み合わせることができます。それらのデータを管理、準備、制御、追跡し、そして最終的にレポーティングや分析のデータとして公開できます。

主な機能
  • ひとつの情報源
  • エコシステムとレガシー データ
  • 膨大な業務データ
  • 企業全体への配布
  • 安全なセルフサービス アクセス
  • ひとつのユーザー エクスペリエンス
  • インサイトと意思決定支援

ひとつの情報源で財務、業務、ワークフォースをカバー

コール センター担当者エクスペリエンスと対応したコール数の多い上位担当者を示す棒グラフを表示している顧客コール センター マネージャ ダッシュボード。

Workday では分析データとトランザクション データが同じシステムで管理されます。そのため、信頼できる唯一の情報源に基づいてすべてのユーザーが連携して意思決定を行い、ビジネスが向かう先に歩みをそろえて進んでいくことができます。

さまざまな業界の企業が Workday を使用して、重要なビジネス上の課題をどのように解決できたかご確認ください。

データセットのリストを表示しているデータ カタログ。

セルフサービスでデータにすぐアクセス

財務担当者や人事担当者は、適切に管理されている安全な方法で必要なデータにアクセスできます。

ひとつのセキュリティ モデルで、システム オブ レコードへのアクセスをコントロールします。

ユーザーに表示されるのはアクセスが許可されたデータだけです。

画面からデータ レポートを出力しているノート PC。

ビジネスの原動力となるデータ ハブ

エコシステム、レガシー、業務など、さまざまなタイプのデータ ソースを統合できます。そしてそれらのデータを自動的に組み合わせ、変換して、分析に利用できるようにします。

手作業でレポートをまとめる手間が減り、データ精度と管理性も向上します。メリットしかありません。

Workday を使用することにより、担当者全員が単一のプラットフォームを通じて信頼できるデータにアクセスできます。そのセキュリティ設定もシンプルです。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ