Workday Peakon Employee Voice

なぜ WORKDAY PEAKON EMPLOYEE VOICE

社員フィードバックをビジネスの成長に変える

アドホックの社員調査はフィードバックの収集にすぎません。Workday Peakon Employee Voice ソフトウェアを使用すると、常に活用できる社員中心のアプローチによって変化と成長を推進できます。

Workday Peakon Employee Voice ソフトウェア
''

社員の声に耳を傾けるためのスマートな方法

Workday のインテリジェント リスニング テクノロジーの特長は、プラットフォームが完全に自動化されているということです。適切な質問を適切なタイミングで行うことで、有意義な変化を生み出すことができます。

リアルタイムのフィードバックにすばやく対応

Workday のアプローチにより、リアルタイムの社員フィードバックを測定してそれに対応し、生産性、エンゲージメント、ビロンギングといった企業文化を築くことができます。

インサイトをすぐに業務で活用

リーダーは、Workday Peakon Employee Voice を使用してインサイトを簡単に業務で活用し、社員エンゲージメントを高めるためのアクションを実行できます。

アドホックのリスニングを超える機能

アドホック調査を実施するだけでは限界があります。社員のパフォーマンスを向上させ、リーダーがチームからの継続的なフィードバックに基づいて優先事項を設定するためには、提案型のソリューションが必要です。

Workday Peakon Employee Voice 調査ソフトウェアのエンプロイー エクスペリエンス サイクルに関するレポート

より科学的なアプローチ

Workday の継続的なリスニング アプローチは、組織心理学とデータサイエンスの最新の情報に基づいています。これにより、社員のライフサイクル全体にわたって真の変化をもたらす質問を行えます。

10 段階評価の利点

Workday の 10 段階評価方式により、より正確かつ詳細な情報を得ることができます。傾向を把握してデータを掘り下げ、重大な懸念を解消するための有意義なアクションを実行できます。

機械学習の活用

自然言語処理、インテリジェントなベンチマーク、機械学習を使用した Workday のテクノロジーにより、社員のコメントの裏付けとなる真意を把握できます。また、インサイトをアクションに変える方法についてのパーソナライズされたマイクロコースを提供します。

''

スタンドアロンとしての Workday Peakon Employee Voice

Workday ヒューマン キャピタル マネジメント (HCM) を所有していなくても、Workday Peakon Employee Voice をご利用いただけます。導入に多額の投資を必要とするその他のソリューションとは異なり、当社のソリューションは短期間で簡単に稼働を開始できます。Workday HCM のシステムだけでなく、他の HCM システムともシームレスな連携が可能です。

Workday Peakon Employee Voice に関する FAQ

Employee Voice ソリューションとは何ですか?

Employee Voice ソリューションは、社員センチメントの収集、分析、改善を目的として設計されたソフトウェアです。社員エンゲージメントや離職の防止、ビロンギングとダイバーシティの推進など、組織にとって最も重要な課題の解決に役立ちます。

いいえ。Workday Peakon Employee Voice をご利用いただくために、Workday HCM などの Workday ソリューションをご購入いただく必要はありません。当社の社員センチメント ソフトウェアは、あらゆる HCM システムとシームレスに連携できます。

デプロイメントには何年もかかりません。Workday Peakon Employee Voice ソフトウェアを使用して稼働を開始するまでの期間は、わずか数か月です。

当社の Employee Voice プラットフォームは、主要な HRIS プロバイダと連携しています。社員レコードを同期する場合は、Workday の SCIM 2.0 API 経由で任意の HRIS に接続し、RESTful API を使用してお客様専用のカスタム アプリケーションを作成してください。

 

Microsoft® Teams や Slack とも連携できます。お客様の組織のコミュニケーション ツール内で、質問に回答するためのアラートを確認できます。

 

Workday Peakon Employee Voice の活用方法をご覧ください。

社員の心情を把握する準備はできていますか?