予算編成と収益予測

すべての予算、予測、モデル

Workday Adaptive Planning の企業目標対計画サマリ ダッシュボード

特長

将来に向けた計画

Workday Adaptive Planning は、サイロ化した静的なシステムの制約を排除し、アジリティの高いプラン、予算、予測を実現します。

主な機能
  • ローリング フォーキャスト
  • トップダウン型とボトムアップ型の予算編成
  • 増分およびゼロ ベースの予算編成
  • ドライバー ベースの費用プランニング
Workday Adaptive Planning の機能的な損益計算書

予算編成と収益予測での煩わしさを軽減

複数のシナリオの実行

リアルタイムの財務データとオペレーション データを取り込んだ、組織の複雑性に対処できる複数の What-If シナリオ モデルを作成して比較できます。

すべてのタイム フレームにわたるプラン

予算年次内の日次、月次または四半期ごとの予測、長期計画を作成します。

ニーズに応じた予算

使いやすい Web ベースのインターフェイスで Excel と同じように操作することができ、クラウド モデリング プラットフォームのすべてのメリットが得られます。

コラボレーションと利用率の向上

1 か所で管理されるデータソース、一般的なユーザー セキュリティ、密な連携が可能なワークフローを活用して、部門間のコラボレーションや予算および予測の利用率を向上させることができます。

すべてのシステムを接続

他のバックエンド エンタープライズ ソリューションとシームレスに連携し、ERP データを迅速に取り込み、モデルを最新の状態に維持することができます。

「経営管理の役割は経営判断の主翼をになうことです。これはLIFULLの未来を示す数値を羅針盤とし て機能させて、経営判断に有用に 働くようにしないといけないこと だと思います。Workday Adaptive Planningは今後もこの役割を果た すための重要なシステムです」

より優れた予算および予測を実現

ローリング フォーキャスト

固定された四半期ごとの予測と異なり、ローリング フォーキャストでは、継続的にビジネスの全体像が把握できるため、リアルタイムで差異を特定し、対応することができます。

トップダウン型とボトムアップ型の予算編成

経営陣のガイダンスに基づくトップダウン型の目標設定、またはコスト センター責任者と連携した詳細なボトムアップ型の運用計画を作成できます。

増分およびゼロ ベースの予算編成

インテリジェント プランニング機能を利用した履歴データ ベースのプランを作成、または次の会計年度をゼロから開始することができます。

ニーズに応じた費用プランニング

ビジネスニーズに応じたアプローチで費用について計画し、組み込みのルール エンジンを使用して費用割当を行います。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ