分析とレポーティング

従業員をまったく新しい視点で把握できるワークフォース分析 

組織構成タブにヘッドカウント、組織階層の深さ、昇進・昇格の平均とギャップのグラフが含まれている人財アナリティクス ダッシュボード。

特長

ワークフォースの全体像を把握

リスクの特定、新たなチャンスの発見、動向の見極め、要因の分析が可能です。Workday ではワークフォース分析とトランザクションが単一のシステム内で実行されるため、優先すべき事項と貴重なリソースを投入すべき場所が分かります。

主な機能
  • 包括的な可視性
  • 自動化された分析
  • ドリルダウンとドリルアラウンド
  • 柔軟に設定可能なドラッグ アンド ドロップ
  • 外部ベンチマーキング

人財管理の重要事項を見える化

数千ものレポートと数百ものダッシュボードはすべてカスタマイズ可能です。スキル、パフォーマンス、人財獲得、ダイバーシティ、総報酬などのレポート作成に使用できます。

エンプロイー エクスペリエンスのレベルとリーダー別のエクスペリエンス レベルを表示しているエンプロイー エクスペリエンス センチメント ダッシュボード。
スキルを把握

Workday の機械学習を利用すると、役職や実務経験、フィードバック、ラーニングの実績、個人のその他の属性に基づいて、社員のスキルを推測できます。

社員の満足度を測定

意識調査で社員の感情の動向をモニタリングします。社員の日々のエクスペリエンスからビロンギングの意識まで、あらゆるものを Workday で測定できます。

人財獲得の改善

リクルーティング プロセスで改善が見込める領域を特定し、採用プロセスのボトルネックを明らかにすることができます。

ダイバーシティ ギャップへの対応

組織の人員構成や賃金の公平性、昇進・昇格までの時間、離職率などについて、深いインサイトを獲得し、ビロンギングとダイバーシティの構築に役立てることができます。

「組織に関する状況を詳細かつ明確に把握できるようになり、経営陣が部門間の問題や人事異動に関する意思決定を行えるようになりました」

ワークフォースを理解する

どのようなスキルを持った従業員が、どのような状態にあり、どこで働いているかなど、従業員の全体像を把握できます。Workday のデータ ハブを利用し、任意のソースからのデータと Workday からのデータを統合することで、これまで得られなかったインサイトを獲得できます。


「Workday プリズム アナリティクスのおかげで、従業員のレベルまでドリルダウンして、労務費の押し上げ要因を正確に特定できるようになりました」

状況を把握してすばやく行動

トレンドは突然目に見える形で出現することがあります。Workday の強力な拡張分析は見逃してしまいがちなインサイトを浮き彫りにして、主要なメトリックとそれを左右する要因を明らかにします。


「Workday 人財アナリティクスでは、全社規模の分析からは漏れてしまうような小さな問題も見逃すことがありません。そのような問題にも対応すればマクロ レベルの改善に役立ちます」

ダイバーシティに関してベンチマークと実績との比較を表示しているベンチマーキング ダッシュボード。

貴社の業績の基準を高く設定する

業績を向上させるには、まず現状を把握することです。Workday ベンチマーキングでは、自社の業績を Workday のお客様コミュニティ内の他社と比較して、他社よりも優れている点や改善の余地がある点を知ることができます。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ