エンタープライズ ファイナンス向けソリューション

財務のデジタル トランスフォーメーションを加速

変化のスピードが増す中、ファイナンス リーダーは、営業効率とトップライン成長を達成するために、デジタルイニシアチブを支持しなければなりません。クラウド ファイナンス ソリューションが、組織を未来に導くためにどのように役立つのかをご覧ください。

タブレット端末で入力する女性。

 

 

エンタープライズ ファイナンス

ファイナンスを前進させるためのアジリティを提供

変化に素早く対応する必要があります。しかし、データがサイロ化している旧式のソリューションを使用している場合は、追いつくことができません。私たちは、Workday エンタープライズ ファイナンス ソリューションを、計画、実行、分析を可能にする共通のアーキテクチャで設計し、それを迅速に実行できるようにしました。

幅広いニーズを満たします

財務を変革したい場合でも、他のシステムを補完するソリューションが必要な場合でも、当社の導入オプションは、現在の価値と将来に向けた持続可能なテクノロジー プラットフォームを提供します。

私たちは自由な働き方を実現します

計画、取引、分析は、多くの場合、隔離されたシステムで行われます。これらを一つのエンタープライズ グレードのソリューションにまとめ、迅速かつ正確に作業できるようにします。

私たちはデジタル アクセラレーションをサポートします

当社のソリューションは、真のクラウドベースのアーキテクチャ上に構築されており、インサイトの単一のソース、柔軟なビジネス プロセス、比類のないアジリティを提供します。

 

「財務結果は、取引が計上されるとすぐに得られます。待つ必要はまったくありません。」

財務向けインサイト

エンタープライズ ファイナンスに関する最新のニュース、トレンド、展望を提供

円グラフに登っている人々。

デジタル アクセラレーションとアジリティを推進します

FSN の Gary Simon 氏、Longitude Research の Meg Wright 氏、Workday の Pete Schlampp 氏による #WDayChats では、財務業界のリーダーたちが、どのようにこれを実現しているかを紹介しています。

フォークリフトで箱を運ぶ人

より戦略的なソーシング機能の構築

Gartner 社のレポートでは、調達の COE モデルがどのようにして可視性、効率性、意思決定を向上させるかを紹介しています。

チャートの横でスプリング ボードでジャンプする女の子

継続的なプランニングで先を行く

アジリティの向上、競争上の優位性、変化を先取りする能力など、最新のプランニングの利点を探りましょう。

意思決定がいつでもできる組織

すべてのデータを活用

すべてのデータを活用するにはどうすればいいですか?当社のインテリジェントなデータ基盤は、複数のソースからのデータを簡単にまとめてレポートを作成することを可能にし、その結果、エグゼクティブや最前線の意思決定者のためのインサイトを提供し、行動までの時間を短縮します。

より豊富で信頼性の高い財務データを提供

複数のソースからの大量のデータをブレンドし、計算により強化し、関連する会計を作成し、すべてをソースのトランザクションに関連付けます。

ビジネスを前進させるためのインサイト

オペレーションに対する深い洞察を持つ財務部門は、リアルタイムのパフォーマンス指標を用いて意思決定を行うことで、ビジネスの戦略的パートナーとなります。

フリクションレス ファイナンス

インテリジェント オートメーションで業務をスマートに

Workday は、機械学習を用いて財務プロセスをインテリジェントに自動化し、摩擦のない効率的なオペレーションを実現します。チームは異常や注意すべき点に焦点を当て、全員がより速く、賢く、正確に業務が遂行できるようになります。

「当社の企業としてのパフォーマンスは、正確で継続的なプランニングと、リスクと変数の深い理解にかかっています。」

全社規模で継続的にプランニング

いつでもリアルタイムで計画を立てる

アジャイルになるためには、ビジネスで何が起こっているかを見て、次に何が起こるかを予測する必要があります。正確なデータに基づいたシナリオ モデリングにより、Workday Adaptive Planning は、市場の状況が変化しても企業全体で継続的なプランニングを可能にします。



成果の高い調達管理

調達の役割を強化

Workday は、調達プロセス にさらなる関連性、可視性、自動化をもたらします。成果戦略的なサプライヤとの関係の深化、効率の向上、リスクの最小化、事業の継続性、そして健全な利益。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ