調達から支払まで


調達から支払までのプロセスを効率化

カテゴリ別サプライヤ支出のグラフと管理対象と管理対象外の請求書支出のグラフを表示している調達のダッシュボード。

特長

間接支出に費やす時間を削減します。

Workday の調達管理ソフトウェアでは、間接支出の管理を自動化できます。 

従業員は購入依頼の作成や発注書の生成、備品の受領、サプライヤ請求書の処理、支出の分析までを、すべてひとつのシステムで実行できます。

主な機能
  • 間接支出管理
  • 調達依頼と発注書
  • サプライヤ請求のオートメーション*
  • 設定可能な支出管理
  • リアルタイムの支出に関するインサイト

調達から支払までのプロセス全体を合理化

Workday の購入依頼ではカタログ アイテムを表示し、Workday Assistant の活用により既存の注文のステータスの確認を行うことができます。

購入の管理をシンプルに

ひとつのシステムだけを使用して、間接的な備品やサービスの購入に使用する情報やポリシー、プロセスを管理できます。

サプライヤ請求書の処理をスピードアップ

機械学習によってサプライヤ請求書をすばやく自動的に取り込んで処理します。手作業の処理がなくなるため、従業員はより戦略的な業務に専念することができます。

柔軟な支出コントロール

一貫性のある制御項目を設定し、すべてのトランザクションがルールに従い承認に基づいて処理されるようにします。役職や権限に基づいて、社員に権限と表示できる範囲を設定することができます。

資金の流れを把握

すべてのトランザクションについて、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ行ったのかを把握できます。Workday ではデータを取得、分析して、支出を詳細に把握し、より効果的なポリシーを作成できます。

あらゆるステージにおいてガイダンスを提供

支出を正確に把握

購入依頼を正しく分類することで、正確なレポートを作成します。また、機械学習を使用して関連する支出カテゴリを提示することで、調達依頼に手間がかかりません。 

常に最新情報を共有

Workday Assistant とチャットして、調達依頼や請求書を提出した後に、それらのステータスをすばやく確認できます。

調達依頼から PO のサイクル タイムを 86% 短縮しました。

*Workday 調達管理 — 重要事項の告知

弊社の将来の製品に関する説明には、それらが公表されたものであっても、製品としては未発売であり、説明内容には将来の予定が含まれ、リスクや不確実性、想定を含む場合があります。リリース前のサービス、特長、機能、改良に関する詳細は、Workday の裁量で変更される可能性があります。また、これらが予定どおりに提供されない場合や提供が中止される場合もあります。Workday は、こうした将来の予測に基づく説明を更新する義務を負わず、またその意思も示さないものとします。Workday のサービス購入を検討されるお客様は、現在利用可能なサービス、特長、機能に基づいて購入をご判断ください。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ