タレント マネジメント

ビジネスを成長させるタレントを育てる

どこにどのようなタレントがいるかを深く理解し、最高のタレントを主要なビジネス目標に関わらせ、次世代のリーダーを育てます。Workday の HR タレント マネジメントなら、人財およびその将来性に効率的に投資でき、何が起ころうとも準備は盤石です。

タレント マネジメントに対応した HR ソフトウェアの特長

リーダーとして育成すべき人財を見つけ出す

チームが組織目標をどの程度達成しているかを確認

チームのタレント メトリクスを把握

後継者育成プランのある社員およびリスクのある社員を探す

着任時のサポート

新しいチーム メンバーがすぐに全力で仕事に打ち込めるようにします。あらゆるデバイスからアクセスできる Workday オンボーディングを利用すれば、最高の第一印象を与え、社員を成功へと導くことができます。

  • パーソナライズされた歓迎のメッセージ、役に立つ連絡先情報の提供、そしてメンターの指名により、新しい社員をサポート
  • 必要なビデオ教材を提供し、着任初日からの成長を促す
  • 新規採用プロセスを自動化して生産性を向上
  • 異動に伴う手続きを合理化し、内部および海外の異動先への適応を支援
  • 将来のキャリア パスを考慮して、最初からタレント プロファイルを作成
 

直感的な操作で簡単にスキルを追跡

Workday の Skills Cloud では、スキルが明確に定義されています。この拡張性があり相対的で実用的なオントロジーを活用することで、データをよりわかりやすく、適切な形で利用できます。

  • 社内全体で同じ用語を使う
  • Skills Cloud に追加される最新のスキルを活用
  • 社員が各自のスキルを認識し、関連スキルを見つけられるよう手助け
  • 既存のデータを Skills Cloud に移行
 

ワークフォースの状態を把握

Workday のサーベイを通じて社員と風通しの良い関係を構築

  • 定期的な意識調査で企業文化を評価
  • メッセージや通知を個人にあわせてカスタマイズ
  • 複数の調査を事前にうまく計画して実施
  • サーベイ ダッシュボードで調査メトリクス、ステータス、レスポンスを簡単にチェック

的確な目標設定と優れた業績への報酬

臨時従業員を含む全従業員のそれぞれの目標を高い次元でのビジネス目標に沿うように手助けし、その結果組織はひとつとなって成功します。

  • あらゆるデバイスから目標を作成、追跡でき、生産性を向上
  • ソーシャル機能によるチェックインやコメント機能で、コラボレーションを促進
  • 組織ごとのニーズに沿って目標テンプレートを設定可能

社員の意欲を高める

社員に自分のパフォーマンスを測るツールを与え、潜在能力を引き出すことができます。

  • ローカルの要件に対応しながらも、組織全体でグローバルなパフォーマンス プロセスを標準化
  • 社員とマネージャが定期的なチェックインの場でパフォーマンスについて話し合うことが可能
  • レビュー プロセスをニーズに合わせて設定可能
  • フィードバックのリクエストおよび入力は、年次評価期間に限らずいつでも可能

社員のキャリアアップをサポート

Workday キャリア・能力開発プランには、社員が自身のキャリアを開拓できるツールとダッシュボードが備わっています。

  • スキル、フィードバック、興味のあるキャリア、目標などに着目して、継続的な話し合いを促進
  • 目標を社員自ら積極的に管理し、社内で次に進むべきキャリアを探索可能
  • 一人ひとりのキャリア プリファレンスを具体化させることで、オープン ポジションとのマッチングを表示
  • 社員は過去の社内異動の傾向を自由に閲覧でき、潜在的なキャリア パスを把握することが可能
  • 社員とメンターをつなぎ、コラボレーションを促進

将来を見据えて人財を強化

チームの強みが何なのかを理解します。HR タレント マネジメントでは、タレント カード、レポート、ダッシュボードに各従業員およびチームの動向が示され、人財の状況を完全に把握することができます。

  • これまでの業務経歴、現在のコンピテンシー、将来の目標を表示
  • チーム メンバーと、それぞれに応じた能力開発プランに対応
  • メンバー個人とグループの今後伸ばすべき能力を、タレント レビューを使って評価
  • 離職リスクがある社員を特定し、そのリスクを増大させている要素を正確に指摘

将来を見据えた計画

組織内のあらゆる職務に対して、後継者育成計画を策定、管理、評価します。

  • 重大なリーダーシップ ギャップを予見して将来に備える
  • 同種のロールに応じた後継者育成プールを作り、別の勤務地にいるタレントでも早期に見つけ出す
  • チーム、組織、国境を越えて後継者を見つけ、比較検討し、育成
  • 後継者育成戦略 (組織変更、社外から中途採用、社内登用) を策定、実行
  • 後継者は着任の機が熟しているか、辞退リスクがあるか、後継者育成パイプラインの健全性はどうかを常にモニター
Section Background Image