持続可能性と ESG レポート

持続可能性と ESG 目標を達成

ESG イニシアチブに関する重要な洞察を入手しましょう。Workday は、重要情報を一元化して進捗状況を追跡し、規制当局への報告要件を満たすのに役立ちます。その最も大きな利点は、ESG ソリューションがシステムに組み込まれており、追加ツールを必要としないことです。

なぜ今 ESG が重要なのか

適切な行動がかつてなく重要なものに

未来が危機に瀕している今、躊躇している時間はありません。Workday が当初から ESG に取り組んできたのにはこうした理由があります。そして、お客様がステークホルダーの期待に応え、より良い世界を構築するためのサポートに取り組む理由でもあります。

ESG のソーシャル レポートのスクリーンショット
screen shot of social reporting for ESG

Workday の ESG ソリューション

ソーシャル インパクトに関するレポート

今日、組織がこの世界にどれだけ貢献しているかは誰もが注目する点です。Workday のわかりやすいダッシュボードと設定可能なレポートにより、ESG のソーシャル レポートを簡単に作成できます。これを当社の VIBE™ アプローチと組み合わせることで、ソーシャルインパクトを高め、ビロンギングとダイバーシティをさらに推進させることができます。

ワークフォースの構成を理解しましょう。

人種、年齢などでワークフォースのダイバーシティを測定しましょう。

報酬など、ワークフォースへの投資についてのレポート。

排出量削減計画

気候への影響を最小限に抑えるには、まずビジネス戦略が排出量に与える影響について理解する必要があります。Workday のパートナーである Deloitte 社によって Workday Adaptive Planning に組み込まれた Accelerate2zero および ClimateAdapt ソリューションにより、スコープ1、2、3の排出量をモデル化してレポートすることができます。

物質排出が何に起因するのかを理解しましょう。

排出量削減イニシアチブのインパクトをモデル化しましょう。

排出量レポートを自動化して進捗状況を追跡しましょう。

ソースの持続可能性

組織の企業としての持続可能性は、サプライヤの持続可能性のレベルにかかっています。このため、Workday は主要な ESG およびサプライヤ リスクのデータを収集し、変化に強いサプライチェーンを確保するためのソリューション* を立ち上げます。

ソーシング イベントに持続可能性データを組み込みましょう。

サプライヤ リスクと持続可能性データを追跡して、持続可能なサプライヤを選択しましょう。

サプライヤ データと排出量分類を使用して、スコープ 3 の排出量を計算しましょう。


Workday と共に、
より良い世界に向けた取り組みを始めましょう


*重要なお知らせ

弊社の将来の製品に関する説明には、それらが公表されたものであっても、製品としては未発売であり、説明内容には将来の予定が含まれ、リスクや不確実性、想定を含む場合があります。リリース前のサービス、特長、機能、改良に関する詳細は、Workday の裁量で変更される可能性があります。また、これらが予定どおりに提供されない場合や提供が中止される場合もあります。Workday は、こうした将来の予測に基づく説明を更新する義務を負わず、またその意思も示さないものとします。Workday のサービス購入を検討されるお客様は、現在利用可能なサービス、特長、機能に基づいて購入をご判断ください。