Section Background Image

組織のアジリティを高めるための 5 つの戦略

日々変化する世界の中で長期的な成功を収めるには何をすべきでしょうか。998 名のビジネス リーダーを対象に世界規模で行われた調査結果によると、組織のアジリティが重要な鍵となることがわかりました。調査結果をまとめたレポートをお読みになるか、スクロールダウンして、トップ企業がアジリティを高めるために採用している 5 つの戦略をご覧ください。

2000 年以降、ディジタル ディスラプションつまりデジタル テクノロジーによる創造的破壊の結果、フォーチュン 500 企業の 52% が経営破綻、買収、または消滅という事態に陥りました。

Section Background Image

アジリティを高めるために必要なこと

あらゆることに対する積極的なプランニング

機敏に変化に対応し、迅速にイノベーションを生み出すには、常時かつ必要なときすぐにプランニングできる能力が必要です。積極的なプランニングに必要なことと、同業他社に匹敵するプランニング力を獲得する方法についてご確認ください。

応答性

流動性のある組織の構築

トップ企業は柔軟な組織構造とプロセスを構築しており、変化に直面しても迅速に方向転換できます。競争で優位になるための順応力を身に付ける方法をご確認ください。

順応性

将来に備えたワークフォースの養成

企業にとって人財は最大の資産です。トップ企業は、ワークフォースの大多数をスキルアップする取り組みや、社員の労働意欲を高める取り組みを行う傾向が非常に強く見られます。将来のためにワークフォースを育成する方法をご確認ください。

スキル

社員への十分な情報提供

アジリティを維持するためには、社員が判断を下すために必要なツールとデータを提供しなければなりません。組織内のあらゆるレベルで決断力を強化する方法をご確認ください。

エンパワーメント

臨機応変な方向転換

アジリティを維持するためには、社内の物事がきちんと機能しているかを把握し、機能していない場合は速やかに対策をとる必要があります。パフォーマンスを評価し、リスクを回避しなければならない局面で方向転換を行う方法をご確認ください。

統制