Hero Background Image

人事部門が抱える最大の課題に挑戦

グローバルな大規模企業の人事部門のリーダーは、少子高齢化などの人口構成の急激な変化、法令の改正、テクロノジーの目まぐるしい進化といった対応が難しい環境に直面しています。組織が変化にどのように対応できるのか、以下のリソースをご覧ください。

変化が激しい環境を楽に乗り切る

企業のビジネス目標が変わっても対応できるようにするには、最新のテクノロジーだけでは不十分です。変化に合わせて従業員の働き方やプロセスの動作を変えるには、綿密な計画が必要です。

現在そして将来のために、HR デジタル トランスフォーメーションがもたらすビジネス バリューを最大限に高める
ブログを読む

  

グローバルな人事変革: 5 つの巨大企業はどのようにデジタル時代に対応したか
電子書籍を読む

データを最大限に活用する

ワークフォース アナリティクスの真価は、これまでの人事の枠に収まるものではありません。ただし、その真価を最大限に引き出すには、どのような問いを投げかけるか、どのようなデータを収集するか、そしてそれをどのように行動に結びつけるかを熟知していなければなりません。

人財アナリティクスの強化
電子書籍を読む

  

人事部門のためのデータ活用術: 実践的ガイド
電子書籍を読む

トップクラスの人財を採用する

人財をめぐる競争、そして従業員の期待値が高まりつつある今日では、最高の人財を獲得し、定着させることが難しくなってきています。候補者とのかかわり方や従業員の能力開発の方法を改善することによって、他社より優位になることができます。

トップクラスの人財を採用して定着させる
電子書籍を読む

  

インクルージョンはビジネスにメリットをもたらす

社員相互の信頼が高く、多様性に富み、エンゲージメントも高い企業文化を持つ企業は、そうでない企業と比べて、より優れた業績を達成しています。このデータを踏まえ、人事部門リーダーは、組織全体の企業文化のイニシアチブに優先順位を付ける必要があります。

世代を超えてワークフォースのエンゲージメントを高める
ホワイトペーパーを読む

  

ワークフォース プランニングを始める前に確認すべき 3 つの基本的な質問 (3 Basic Questions to Ask Before You Start Your Workforce Plan)
ブログを読む

Workday ヒューマン キャピタル マネジメントがお客様のビジネスを変革します。