2021 年デジタル アクセラレーションのロードマップ

デジタル アクセラレーションでレジリエンスを高める。

Workday による最新のグローバル調査およびレポートでは、一刻も早くデジタル トランスフォーメーションを実現しなければならないという厳しい現実にどのように対応しているかについて、1,024 人のビジネスリーダーたちが回答しています。この調査で、出来事にすばやく効果的に対応できる組織は、かつてないほど成長に適した状況にあることがわかりました。

デジタル アクセラレーションでレジリエンスを高める。

急速に変化する世界において、確かなことは 3 つだけです。

ビジネスが生き残るためにはデジタル トランスフォーメーションが不可欠。

36% の企業が、今後 3 年間で収益の大部分がデジタルによるものになると予測しています。

デジタル収益が優位を占める。

収益の 75% がデジタルによるものになると予測している企業は、2019 年の調査と比較して 3 倍に上ります。

アジリティがレジリエンスを育む。

調査対象の 32% が、デジタル収益源の拡大やデジタル トランスフォーメーションの推進などによってデジタル化への取り組みを加速することが、将来、危機に直面した際の組織のレジリエンスを強化する最も重要な変化であると回答しています。

ロードマップの作成。

テスト
テスト

2019 年

Workday は、組織的なアジリティをもって行動する企業の主な特徴と、デジタル収益源を開拓し、迅速に対応する上で企業を有利にする 5 つの主な能力について分析しました。

2020 年

Workday は、企業のためのロードマップを作成するために、調査対象の企業が実際にこれら 5 つの能力をどのように組み込んでいるかを理解しようとしました。そして偶然にも、この調査は一生に 1 度あるかないかという世界的危機の最中に実施されました。

2021 年

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) パンデミックに最もすばやく対応した組織を分析したところ、これらのファスト レスポンダーは、以下のようなベストプラクティスを組み込んでいる傾向が強いことがわかりました。組織のアジリティを実現するための主なポイントを見てみましょう。

ロードマップの作成。

2019 年

Workday は、組織的なアジリティをもって行動する企業の主な特徴と、デジタル収益源を開拓し、迅速に対応する上で企業を有利にする 5 つの主な能力について分析しました。

テスト

2020 年

Workday は、企業のためのロードマップを作成するために、調査対象の企業が実際にこれら 5 つの能力をどのように組み込んでいるかを理解しようとしました。そして偶然にも、この調査は一生に 1 度あるかないかという世界的危機の最中に実施されました。

テスト

2021 年

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) パンデミックに最もすばやく対応した組織を分析したところ、これらのファスト レスポンダーは、以下のようなベストプラクティスを組み込んでいる傾向が強いことがわかりました。組織のアジリティを実現するための主なポイントを見てみましょう。

スマート テクノロジーの導入。

Workday の調査で、AI、ML、RPA などのスマート テクノロジーの使用とデジタル収益源の成長との関連が明らかになりました。

スマート テクノロジーの導入がある程度進んでいると回答した組織の 64% は、収益の 50% 以上をデジタルによって得ている割合が、スマート テクノロジーの導入をまだ始めていない組織の 2 倍に上っています。

回答者の 34% は、今後 5 年間で最も求められるスキルとしてスマート テクノロジーを利用する能力を挙げています。

順応性の高い企業文化の定着。

順応性の高い企業文化は、ビジネスのすべての領域において、企業が新たな機会や予期せぬ事態に対してすばやく方向転換することを可能にします。 

自社のテクノロジーがデジタル トランスフォーメーションの目標に適合していると回答している組織は 56% に上ります。

これに対し、自社の文化について同じように回答している組織は 16% です。

結論として、テクノロジーを変えることは考え方を変えるよりも容易です。

データへのアクセス性の確保。

データへのアクセス性が社内で完全に確保されていると回答したファスト レスポンダーは 36% に上ります。

これに対し、同じように回答しているスロー レスポンダーは 13% です。

データへのアクセス性は、ビジネスのすべてのレベルでリアルタイムのデータドリブンな意思決定を可能にし、継続的なプランニングとアジャイルな測定を推進する上で不可欠です。


データへの高いアクセス性を報告している企業は、以下によるメリットも得ています。

  • 生産性の向上 (51%)
  • ディレクター レベルの可視性とコミュニケーションの向上 (43%)
  • コスト削減 (41%)

分析力と技術力の開発。

分析力と技術力は、以下の取り組みを実現へと導きます。

  • スマート テクノロジー
  • アジャイルなメトリック
  • ワークフォースの能力
  • 大規模なリモートワーク

ファスト レスポンダーの 50% が継続的なプランニング アプローチを採用しています。

未来を見据えたスキルの向上。

組織という観点で考えると、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが急速に発生したことで、調査対象となった企業の多くで構造的アジリティが欠如していたことと、さまざまなスキルが必要であることが浮き彫りになりました。

調査対象の 45% が、グローバル市場の不確実性が採用を阻害する最大の要因であり、そのせいで最も急を要するスキルを持つ人財の採用が困難になっていると回答しています。

その結果、企業は必要なスキルを求めて人財を採用するのではなく、エンゲージメントと定着率の向上 (41%)、スキルの向上と再習得 (41%)、部門間のスキルの共有 (37%) などにより、人財を社内で育成するようになりました。

デジタルを加速し続ける。

回復への道筋は長くなることが予想されますが、調査対象となったエグゼクティブたちはすでに将来の危機から自社を守る方法を検討しています。

調査対象の 32% が、デジタル化への取り組みを加速することが、将来、危機に直面した際の組織のレジリエンスを強化する最も重要な変化であると回答しています。


すべてのインサイトを
1 つの場所に。