ニュースリリース

本リリースの有効日と発信地(現地時間)
2021 年 2 月 24 日・日本発

i-PRO、グローバル市場での更なる成長に向け「 Workday HCM 」を導入

組織力と人財開発の強化
従来の人事部から脱却しHRビジネスパートナーとして貢献

企業向けクラウド型財務人事アプリケーションプロバイダ大手のワークデイ株式会社(本社:米国カリフォルニア州プレザントン、NASDAQ:WDAY、以下 ワークデイ)は、当社が提供する人財マネジメントプラットフォーム「 Workday Human Capital Management (以下、「 Workday HCM 」)」が、パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社(以下、i-PRO)に導入が決定されたことを本日発表します。今後、ワークデイは同社のグローバル市場での成長に向けた人事変革を力強く支援してまいります。

現在、組織では迅速かつ柔軟な人財活用に対するニーズがますます高まっています。Workday HCM は、この不確実で常に変化する世界に対応できるよう、必要なインサイト、アジリティ、エクスペリエンスを単一のシステムで提供する人財管理ソリューションです。Workday HCM では、人的資源に関するデータを一元的、かつ視覚的にわかりやすいインターフェースで管理できるため、従業員の人事関連データを基にした迅速な意思決定をそのまま経営戦略に活用できるほか、将来的な人財戦略やビジネスの変化・成長に合わせて、アナリティクスやプランニングなど最適な機能拡張を行うことができます。

今回導入を発表したi-PROは、セキュリティ監視、パブリックセーフティ、そして医療用イメージングに欠かせないセンシングソリューションの世界的なリーディングカンパニーです。ハードウェア開発を主体とした日本本社、ソフトウェア開発と営業部隊を擁する米国法人、製造拠点である中国法人の3拠点によるグループ会社として、2019年にパナソニックから独立しました。新たに設定した事業戦略を早期に実現するために、グループ内3拠点がしっかりと一体感を持って事業を推進する、グローバルなマネジメント体制の確立が急務でした。具体的には、同じ人事システム上でグローバル全社員の情報を管理し、上司や部下がどの拠点に所属していても、拠点の違いを意識することなく、ピープルマネジメントができる状態を目指しています。

i-PROの執行役員 CHROの岡本佐知子氏は次のように述べています。
「グローバル市場において、監視カメラをはじめとするセキュリティシステムや医療・産業分野向けモジュールなど、様々なセンシングテクノロジーへの需要が高まっており、i-PROの3つの拠点が連携して事業を成長させていくことが期待されています。Workday HCMの導入により、日本・米国・中国3拠点の社員が常に最新の組織情報や互いの目標を共有でき、グローバルなスケールで全社員が有機的に連携することを可能にします。また、当社の競争力を左右するエンジニアのコンピテンシー向上やキャリア開発を Workday により加速し、社員のエンゲージメント向上にもつなげています」

ワークデイ 株式会社のエグゼクティブ・プレジデント兼日本担当ゼネラルマネージャー日本法人社長、正井拓己は国内企業による Workday HCM 採用について、次のように述べています。「 Workday HCM は、経営戦略として人財の最適な活用を掲げている組織において、従業員の能力やエンゲージメントを最大限に高めることができるグローバル基準の人財プラットフォームです。ネクストノーマルで通用する人財の開発で組織力を強化し、従業員一人ひとりが成長できる人財変革をワークデイが力強く支援していきます」

  

Workday, Inc.(米国ワークデイ)について

米国ワークデイはクラウド型財務人事用エンタープライズ アプリケーションプロバイダです。2005 年に設立された米国ワークデイは、世界最大規模の企業、教育機関、官公庁などの組織で使用されることを念頭に設計されたヒューマンキャピタルマネジメント(HCM)、ファイナンシャルマネジメント、ビジネスプランニング、および分析用アプリケーションを提供しており、中規模企業からフォーチュン 50 社にランクインする大企業まで幅広い組織が導入しています。

英語版ウェブサイト: http://www.workday.com/
日本語版ウェブサイト: http://www.workday.com/jp/

  

© 2021 Workday, Inc. All rights reserved. Workday、Adaptive Insights および Workday のロゴは、米国およびその他の地域で 登録された Workday, Inc.の商標または登録商標です。その他すべてのブランドおよび製品名は、それぞれの所有者の商標または 登録商標です。

 

報道関係者お問い合わせ先

ワークデイ株式会社 広報窓口へのお問い合わせはこちら
E-mail : pr.japan@workday.com