Workday のアプローチ

設計の独自性

Workday はいかにして、業界でも類を見ないエクスペリエンスを生み出しているのでしょうか。鍵を握るのは、インテリジェントなデータ コアを基盤とした、オープンでセキュリティに優れたシステム設計です。Workday は、アーキテクチャの見直しを必要とせず、組織の進化に柔軟に適応します。

ひとつのコミュニティ、無限のイノベーション

すべてのお客様が同じバージョンの Workday を使用しているため、あるお客様のために開発した機能が、すべてのお客様のメリットになります。ベストプラクティスを共有し、コラボレーションを行い、未来のアプリケーションを形にしていくことが容易にできます。実際、新機能の 40% 以上がお客様のブレインストーミングから生まれています。

いつも使っているものと同じように使えるアプリケーション

エンタープライズ ソフトウェアは、私たちが日々使うアプリケーションと見た目や操作性が異なるべきではないと、Workday は信じています。その信念に基づいて、組み込み型の機械学習、インテリジェント オートメーション、状況に応じた操作を活用した、声でも操作できるパーソナライズされたエクスペリエンスを生み出しています。

エンプロイー エクスペリエンスのイノベーションが重要な理由
ポッドキャストを聴く (英語)

  

Workday のセキュリティとデータのプライバシー
さらに詳しく

  

成功の鍵はスケーリング
ブログを読む

  

柔軟に適応するための設計

Workday は変化に対応できるよう構築されているため、コードを書き直したり新しいバージョンを購入したりしなくても新しいテクノロジーを採用できます。そのためメジャー アップデートのリリース時だけでなく、いつでも機能を強化できます。

さらに、「Workday Extend」で Workday の機能を使用できるようになると、お客様が自社のビジネスに合わせてこれまで以上に簡単に Workday を拡張できるようになります。

イノベーションやアップグレードにより業務を中断させる必要はありません
ブログを読む

  

Workday Extend インフォグラフィック
インフォグラフィックを見る

  

人事と財務のための新しい機能を迅速かつシンプルに構築
ブログを読む (英語)