Workday のアプローチ

設計の独自性

Workday はいかにして、業界でも類を見ないエクスペリエンスを生み出しているのでしょうか。ひとつのコミュニティのためにイノベーションを行うこと、一般消費者向けのインターネット サイトからヒントを得ること、そして常に進化し続けることにより、エクスペリエンスを生み出しています。

ひとつのコミュニティ無限のイノベーション

すべてのお客様が同じバージョンの Workday を使用しているため、あるお客様のために開発した機能が、すべてのお客様のメリットになります。ベストプラクティスを共有し、コラボレーションを行い、未来のアプリケーションを形にしていくことが容易にできます。新機能の 40% 以上がお客様のブレインストーミングから生まれています。

いつも使っているものと同じように使えるアプリケーション

エンタープライズ ソフトウェアは、私たちが日々使うアプリケーションと見た目や操作性が異なるべきではないと、Workday は信じています。

そのため、ユーザーが操作に迷うことなく使用できるシステムを構築し、普段慣れ親しんだ方法で作業できるようにしました。また、さまざまな状況に合わせて使用できるインテリジェントなアプリケーションは、柔軟性と拡張性を考慮して設計されています。

Workday での利用者のエクスペリエンス
ビデオを見る (英語)

  

Workday のセキュリティとデータのプライバシー
さらに詳しく

  

Workday の設計方法
ビデオを見る (英語)

  

柔軟に進化するための設計

Workday は変化に対応できるよう構築されているため、コードを書き直したり新しいバージョンを購入したりしなくても新しいテクノロジーを採用できます。そのためメジャー アップデートのリリース時だけでなく、いつでも機能を強化できます。

さらに、「Workday クラウド プラットフォーム」として Workday の機能を PaaS で公開することにより、お客様が自社のビジネスに合わせてこれまで以上に簡単に Workday を拡張できるようにしています。

イノベーションやアップグレードにより業務を中断させる必要はありません
ブログを読む

  

Workday Extend インフォグラフィック
インフォグラフィックを見る

  

人事と財務のための新しい機能を迅速かつシンプルに構築
ブログを読む (英語)