ホスピタリティ業界の事例

目まぐるしく変化するホスピタリティ業界向けに構築されたプランニング

ホスピタリティ企業が Workday Adaptive Planning を使用し、将来を見据えたプランニング、モデリング、収益予測をどのように行っているかをご覧ください。

Workday Adaptive Planning の事業地に関する損益計算書レポート。

主な事例

ホスピタリティ企業向けに構築されたモデルとシナリオの特長をご紹介します。

  • 日次/週次の販売収益予測 - 稼働率、トラフィック、客室や座席あたりの収益率、平均客室単価、事業地ごとの客単価を予測できます。
  • 事業地の人財配置 - 社員と時間給労働者のシフト、人財配置、報酬を、稼働率と客数に基づいてプランニングできます。
  • 供給プランニング - 稼働率と顧客需要をモデリングし、供給キャパシティを最適化して、キャッシュ フローを管理できます。
  • 事業地レベルの収益性 - 事業地の成熟度をモデリングし、基準に従って評価し、地域、コホート、事業地の種類を比較して、貢献利益を評価できます。

相談をご希望ですか?
今すぐご連絡ください