プラットフォームおよび製品の拡張

アプリケーション開発

Workday アプリケーションを迅速かつ確実に拡張

特長

新しいビジネス機能の開発とデプロイメント

貴社の業務に合わせて、Workday で新しいアプリを開発することができます。新しいアプリでは、Workday の HCM、財務、スチューデントの各アプリケーションで利用されているものと同じサービスを利用できます。

Workday Extend を通じて Workday のテクノロジーとセキュリティ基盤をお客様が自由に活用できるようになります。

主な機能
  • Workday クラウドへの組み込み
  • Workday UI の使用
  • 既存のレポートの実行
  • 同じセキュリティ モデルの適用
  • アプリ ライフサイクル管理のサポート
  • アプリ動作の監視
  • オブジェクト データ モデルの拡張*

Workday Extend が一般にリリースされました

貴社のニーズに合わせて Workday をカスタマイズ

新しい価値をシームレスに構築

従業員とサプライヤのエンゲージメント向上や支払プロセスの合理化、エクスペリエンスの統一など、貴社の人事や財務の固有の事例に対応できます。

作成したアプリで使用するデータは、Workday のデータのコピーではなく、同じリアルタイムのデータです。セキュリティ対策も継承されます。そのため、既存のレポートや分析、ダッシュボード、管理タスクをすべてそのまま使用できます。

すべてのアプリが既存の Workday アプリケーションと連携して動作します。同じビジネス プロセスを使用しており、見た目と使用感も保たれているため、ユーザーは作業そのものに集中できます。

作成したアプリには Workday と同じログイン制御とセキュリティ制御が適用されるため、データの安全性を確保できます。データ変更はリアルタイムで監査されるため、ガバナンスとコンプライアンスの維持にも役立ちます。

「Workday Extend のおかげでエンタープライズ アプリケーション間のサイロを取り払い、安全で統合されたユーザー エクスペリエンスを実現できました」

開発者のための API エクスプローラを表示している Workday Extend ダッシュボード。

新しいインフラストラクチャではなく、新しい機能を構築

Workday の開発者と同じアプリ コンポーネントを使用

Workday のユーザー インターフェイス、ビジネス ロジック、データ オブジェクト レイヤーを組み込んだページを作成できます。

Power of One の理念が反映

Workday のコア サービスを複製する必要はありません。Workday によるひとつのセキュリティ モデル、ひとつのデータ モデル、ひとつの UI が提供されます。

すぐに使えるプラットフォームを活用

Workday クラウドに組み込まれたアプリ開発プラットフォームを利用します。そのため、レガシー システムを廃止することも可能になります。

更新の影響を受けないコードを作成

Workday の新しいバージョンがリリースされても、アプリは更新の影響を受けません。再コーディングやリグレッション テストは不要です。

「更新やリグレッション テストの心配は不要です」

*Workday Extend — 重要事項の告知

弊社の将来の製品に関する説明には、それらが公表されたものであっても、製品としては未発売であり、説明内容には将来の予定が含まれ、リスクや不確実性、想定を含む場合があります。リリース前のサービス、特長、機能、改良に関する詳細は、Workday の裁量で変更される可能性があります。また、これらが予定どおりに提供されない場合や提供が中止される場合もあります。Workday は、こうした将来の予測に基づく説明を更新する義務を負わず、またその意思も示さないものとします。Workday のサービス購入を検討されるお客様は、現在利用可能なサービス、特長、機能に基づいて購入をご判断ください。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ