タレント プランニング

最高の人財を採用、育成し、定着させる

継続的なタレント プランニングのギャップ分析を示す Workday Adaptive Planning のダッシュボード

特長

将来のワークフォースをプランニング

モデリングを、ポジション、職務レベル、スキルのいずれで行う場合であっても、複数の What-If シナリオを比較することで、ビジネスの将来に向けた最高のワークフォースの組み合わせを把握できます。

主な機能
  • 役割ベースのアクセス権限
  • スキル ベースのモデリング
  • ドライバー ベースおよび前提ベースのプランニング

ギャップを減らし人財を確保

Workday Adaptive Planning の継続的なタレント プランニング「育成、借用、獲得」ダッシュボード

スキル ギャップを特定

人財属性でプランニングすることにより、重要な人財のギャップを埋め、人財を育成、採用、または再配置するかどうかを決定する最良の方法を見つけます。

柔軟かつ総合的にプランニング

ワークフォースの組み合わせおよびタイミングに関するドライバー ベースの What-If シナリオによって、全社計画に合わせてより上手く人財を調整できます。

将来に向けて人財に投資

優秀な人財を定着させることは、そのような人財を惹き付けて採用することと同様に重要です。Workday は、スキル向上およびスキル習得プログラムの計画に加え、後継者育成計画をサポートします。これにより、社員エンゲージメントが向上し、離職率が下がります。

必要に応じて人財を評価し、割り当てる

役割ベースのアクセス権限

リクルーティング、トレーニング、異動、および離職率のデータを役割ベースのアクセス権限によって共有できるため、ビジネス目標に合わせて計画を練るためのコラボレーションが可能です。

スキル ベースのモデリング

勤務地、コスト、およびランプアップ時間により、欠かせないスキル キャパシティ、需要、ギャップをモデリングします。ギャップを埋め、人財を育成、採用、または再配置するかどうかを決定する最良のオプションを判断します。

ドライバー ベースおよび前提ベースのプランニング

人財配置計画に影響を与える可能性のあるグローバルまたはローカルなビジネス推進要因を計算に含めます。ワンクリックで変更できます。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ