ワークフォース プランニング

現在と将来に必要なスキルの育成を計画

スキル分析の棒グラフを表示しているワークフォース プランニングのダッシュボード。

特長

ビジネスに遅れをとらないアジャイルなワークフォース プランの作成

ビジネスの優先事項に遅れることなく対応し、新しいビジネス チャンスを発見するには、ビジネスに遅れをとらないスピードでのプランニングが必要です。 

Workday Adaptive Planning を使えば、人事や財務、事業部門のリーダーが協力してプランを作成できるだけでなく、作成したプランをすばやく行動に移せるようになります。

 

主な機能
  • 戦略的ワークフォース プランニング
  • ヘッドカウント プランニング
  • 報酬プランニング
  • スキル プランニング
  • タレント プランニング
  • 人財獲得プランニング

「自社のビジネスが世界中に広がっているなか、ワークフォース プランニング環境もそれに応じて拡張していることが確認できます」

核心に迫るインサイトで将来に備える

ワークフォースのプランニングには大量のデータが必要ですが、データの意味を理解する力も必要になります。Workday を使用することで、データの意味を読み取り、行動につながる内容の濃いインサイトを引き出せます。

社内外のワークフォースの状況を把握

異動、採用計画、スキル、離職、パートタイムとフルタイム、臨時従業員などの状況を詳しく把握できます。

改善できる箇所や懸念事項のトレンドを、問題が深刻化する前に察知できます。

使いやすいダッシュボードで、コストを監視して分析したり、未補充のポジションを確認したり、地域別のワークフォースの状況を確認したりできます。

ヘッドカウントに関するグラフと数値情報を示すワークフォース プランニング ダッシュボード。
円グラフを扱っている 2 人。

多種多様なワークフォース シナリオをモデル化

部門、コスト センター、レベル、勤務地、ポジション、スキルなどに基づいてあらゆるモデルを作成し、貴社の業務運営に適用するとどのような結果になるか見ることができます。

また、複数のシナリオをリアルタイムで比較し、次に起こることとその影響を予測したうえで、最適なプランを選択することができます。


人財配置についての予測差異が、20 パーセントから 2 パーセントに減りました。

採用に関する的確な意思決定を一緒に実現

インサイトを提供

現状および予測のデータのほか、リクルーティングやトレーニング、異動、離職に関するメトリックをチームに提供します。

チームとしてのプラン作成

さまざまなケースを想定したシナリオをモデル化して共有し、必要な人財を育成するのか、レンタルするのか、購入すべきかを検討できます。

足並みをそろえる

ワークフォース プランと財務プランを同期して、更新による影響をリアルタイムで確認し、協力して差異の解消を進めることができます。

採用およびタレント プールの数値情報を示すリクルーティング ダッシュボードを表示しているワークフォース プランニング画面。

プランを実際の行動に移す

必要なプランの準備が整えば、次は実行です。

承認されたヘッドカウントを Workday HCM に公開し、パフォーマンスを監視したうえで必要に応じて調整できます。HCM とプランニングを同じシステム上で行うため、プランの策定から実行までシームレスに行うことが可能です。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ