プロジェクト プランニング

ROI を改善するプロジェクト プランニング ソフトウェア

収益、利益成長率、売上総利益の数値とグラフを表示する Workday Adaptive Planning のプロジェクト プランニング ダッシュボード

特長

プロジェクトを戦略的な機会に変える

プロジェクト、財務、および人財データをすべて集約することで、リアルタイムで簡単に適応し、すべてのプロジェクトを最大限に活用できます。

主な機能
  • ポートフォリオ プランニングと予算編成
  • キャパシティ プランニング
  • 支出モデリング
  • セルフサービスによるレポート作成

プロジェクト プランニングをより手軽に

年間累計経費、利益、月別の経費の数値とグラフを表示する Workday Adaptive Planning のプロジェクト プランニング ダッシュボード
プロジェクト投資を優先する

ドライバー ベース モデルを作成し、What-If シナリオを比較して、最大の成果が見込めるプロジェクトを把握しましょう。

キャパシティ プランニング、「獲得-借用-育成」モデリング、プロジェクト支出分析によって、リアルタイムの意思決定に必要な情報が得られます。

 

統合データ コアによって、プロジェクト依存関係と制約を簡単に特定できるようになるため、すべての決定におけるビジネスへの影響を把握できます。
 

 

プランニング プラットフォームによって、EPR、HR、CRM、PSA などからシームレスにデータを接続し、サイロを打破し、すべてのプロジェクトで連携を改善できます。

 

「Workday Adaptive Planning を導入したことで、年間の差異を 1% 未満にまで減らすことができました。一部の要素では差異がさらに小さくなっており、目覚ましい成果です。」

すべてのプロジェクトを最大限に活用

プロジェクト プランにドライバー ベース モデルを組み込む

T&E の柔軟なドライバー ベース モデルを使用して、プロジェクト経費を計画し、組み込み型ルール エンジンを使用して、経費割り当てを実行しましょう。 

カスタム キャパシティ プランを作成

リソース、スキル、プロジェクト ステータス、コストの追跡と管理方法をカスタマイズしましょう。プランニング プロセスのすべての段階を簡素化しましょう。

事前の準備なしで調整できる複雑なモデルを構築

タイミング、時間、コスト、チャネルなどに基づきモデルを構築すれば、必要に応じて簡単に変更できます。

セルフサービスによるレポート作成を実現

独自のプロジェクト ニーズに基づきレポートを実行して、リアルタイムでプロジェクトをモニタリングし、簡単に組織と結果を共有しましょう。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ