シナリオ プランニング

あらゆる不測の事態に対応できるシナリオ プランニング

Workday Adaptive Planning の戦略的プランニング ダッシュボード

特長

ビジネスの複雑さにかかわらず複数のシナリオを簡単にモデリング

現在の変化し続けるビジネス環境に遅れず対応するため、財務チームには、さまざまな行動指針を比較して最良の道筋を決定できるシナリオ プランニング ソフトウェアが必要です。

主な機能
  • ドライバー ベースの計画
  • チーム主導型プランニング
  • 強力なレポーティング
  • 連携した計画

より良いモデル。より的確な意思決定。

Workday Adaptive Planning の What-If シナリオ プランニング画面。

詳細な What-If シナリオおよびモデルを作成することで、十分に余裕を持って各決定事項の影響を把握し、軌道修正を実施できます。

複数のシナリオを比較

ドライバー ベースのシナリオ プランニングによって、即座に数多くのシナリオを展開して、さまざまな可能性を検討し、最高の成果を上げることができます。

Workday のシナリオ プランニング ソフトウェアは、自動的に実績をインポートすることで、前提条件と実際の市場条件のギャップを埋めます。その結果、予測サイクルが短縮されます。

組織全体が唯一の正しい情報源を共有することで、計画変更時の調整が容易になります。

「経理部ではデータ修正や検証時間が半減されたため、空いた時間を数値分析に当てています。以前と比較しますと数値分析に割く時間は予算管理業務全体の20%ほどであったものが、50~60%へと倍増しています」

あらゆるシナリオに備えた計画

ドライバー ベースの計画

大まかなトップダウンの成長目標および利益ベースの目標を、詳細なボトムアップの人事名簿およびパイプライン フォーキャストと組み合わせて、柔軟なモデルを作成しましょう。これにより、ギャップを埋め、成長の機会を見出すことができます。

チーム主導型プランニング

個人または部門横断レベルで計画を管理して、タスクを割り当て、進捗を追跡できます。モデルに対する役割ベースのアクセス権限により、誰もがプランニング プロセスに参加できます。

連携した計画

財務、営業、人事部門、運用の間で、データ、属性、勘定科目表、組織構造を簡単に共有できます。

強力なレポーティング

当社の使いやすく柔軟なレポーティングによって、組織の健全性をモニタリングし、KPI を追跡できます。そのため、必要に応じて、トレンドを把握し、軌道修正を行うことができます。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ