ファイナンシャル プランニング

先を見越したファイナンシャル プランニングでよりアジャイルなビジネスを実現

予算例と経費の表が表示された予算ダッシュボード。

特長

財務計画と分析の理想を現実に

絶えず変化するビジネス環境に対応するには、先を見越したプランニング プロセスが不可欠です。

Workday Adaptive Planning は、柔軟に使えるツールと、データから導き出されるインサイトを提供し、十分な情報に基づいた迅速な意思決定を可能にします。

主な機能
  • シナリオ モデリング
  • 差異分析
  • 予算編成と予測
  • ローリング フォーキャスト
  • 収益計画
  • 戦略的プランニング
  • 財務およびマネジメントのレポーティング

新しい対話型ビジュアル ダッシュボードをご覧ください。

データの受け渡しを行う四角形内の 3 人。

すべてのシナリオをモデル化して変化に迅速に対応する

財務や業務のモデリングは、柔軟性に欠けるスプレッドシートに頼るべきではありません。 

Workday Adaptive Planning を使用すれば、予算編成から収益予測まで、すべてに対応した戦略的プランを策定できます。

継続的に計画する

ローリング フォーキャストをシナリオと組み合わせ未来を予測すれば、常に一歩先を行くことができます。モデルは図やグラフで表示されるため瞬時に理解でき、しかも最新のデータを反映し更新されます。

自信を持って計画する

変化に受け身で対処するのではなく、先を見据えて積極的に対応していくことができます。Workday のエンタープライズ プランニング プラットフォームならば、ビジネスのスピードに遅れることなく、差異を分析し進路の修正ができます。

あらゆる結果に備えて計画する

Workday の画期的な Elastic Hypercube Technology (英語) では、あらゆるものをモデリングできます。利用できるデータ量、ディメンション数、シナリオ数は事実上無制限です。

精度の高いレポートを短時間で作成

経費を表示している財務ダッシュボード。
パーソナライズされたレポートとダッシュボード

カスタマイズされた KPI レポートを作成できます。Workday Adaptive Planning では、Microsoft Excel、Word、PowerPoint に自動的に接続して、洗練された形式でレポートを作成できます。

対話型での可視化

数字とチャートを横に並べて表示したり、変動をウォーターフォール チャートで表示したりします。データを更新すると、その変更がすぐに表示に反映されます。

信頼できるデータの提供

ビジネス パフォーマンスをより詳細に把握して、データドリブンな意思決定が可能になります。それにより、組織内でより多くの賛同を集め、説明責任をしっかりと果たせるようになります。

あらゆるデータを統合

Workday とその他のシステムから発生するデータを統合できます。これにより、データの分析や計画の改善に今まで以上に多くの時間を費やすことができるようになります。

Workday のデータとその他のデータをモデルに取り込んで、全体像を把握できます。

クラウド ローダーを使用して、データを外部システムにエクスポートできます。

データ フローの自動化により、信頼性の高いデータ アクセスを実現します。

クラウド、オンプレミス、データ ウェアハウスに接続できます。

タスクと全体の進捗を示すプロセス トラッカー ダッシュボード。

プランニングはチームワークから

個人または部門横断レベルでタスクを割り当てて管理し、進捗を追跡できます。モデルに対する役割ベースのアクセス権限により、誰もがプランニング プロセスに参加できます。


「私たちが重視しているのは、財務とパフォーマンスのメトリックを提供して業務パートナーを支援することです」


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ