ベンチマーキング

自社の立ち位置を把握する

ダイバーシティに関してベンチマークと実績との比較を表示しているベンチマーキング ダッシュボード。

特長

メトリックを活用して組織を強化

Workday のエンタープライズ ベンチマーキングでは、自社が特定されない方法でデータを提供し、その代わりに Workday のお客様コミュニティからのベンチマークを入手することができます。

データの比較方法、自社が注力すべき分野を見極める方法、および他社を上回る力を身につける方法をご覧ください。

主な機能
  • 膨大なトランザクション データを活用
  • メトリックは毎日リフレッシュ
  • レポートへの組み込み
  • 国および業界によるフィルタ
  • データの完全コントロール
  • すべてのお客様が利用可能
  • 追加費用なし

オプトインするだけでサブスクリプション可能

性別ダイバーシティの棒グラフを表示しているベンチマーキング ダッシュボード。

あらゆる国や業種のお客様が参加している Workday ベンチマーキングは、チャンスを精査し、自社の競争優位性を見極める際に役立ちます。財務管理から人財管理までをカバーした膨大なメトリックやベンチマークを利用できます。

ベンチマークの対象メトリック:

  • ダイバーシティとインクルージョン
  • 報酬
  • 財務パフォーマンス
  • 離職率
  • 休暇・休職および時間管理
  • ワークフォース構成
装飾

コントロールを失うことなくインサイトを獲得

共有するデータを指定可能

カテゴリとサブカテゴリのレベルでオプトインできるため、データをどこまで共有するかを指定できます。特定の国についてデータ共有をオプトアウトすることもできます。

機密データへのアクセスをコントロール

Discovery Board やダッシュボード、カスタム レポート内でベンチマークを表示できるユーザーを、ひとつのセキュリティ モデルで包括的にコントロールできます。 

信頼に基づいて集積されるデータ

ベンチマークは、数千ものお客様企業、数百万人の従業員からの生のトランザクション データから取得され、毎日リフレッシュされます。


Workday の導入をご検討の方や製品情報に関するお問い合わせ