Hero Background Image

競争の激しいマーケットで優秀な人財を惹きつける3つの方法

 

これは、Workday のブログに Ashley Goldsmith が英語で投稿した記事です。 日本の読者の皆様も興味を持たれることと思い、この記事を翻訳しました。

 

ベイエリアはテクノロジー・カンパニーの中心地です。その近郊のプレザントンに本社があるグローバル・カンパニーとして、さらにはサンフランシスコの優秀で存在感のある従業員が働く会社の1つとして私たちが日々活動出来ていることに興奮を覚えます。しかし、ベイエリアに本拠のある会社ならどこもそうなのですが、タレント獲得の競争はいつも熾烈です。

Workdayで私たちが最も大切にしていることは、職場が働きがいのある場所であることです。2016年 4月にはSan Francisco Business Times がWorkdayをベイエリアで最も働きがいのある会社に選びました。また、2016年 6月 23日にはthe Bay Area News GroupがWorkdayを「大会社」部門におけるベイエリア最高の職場に選出しました。これは私たちにとって特別な意味を持つ出来事です。なぜなら、会社の規模が急速に拡大するなかで私たちがやって来たことが決して間違えていなかったのだと分かるとともに、より一層働きがいのある会社になるにはどうすれば良いのかこれからも学び続けなければならないと教えてくれたからです。

私たちWorkdayがさらに研鑽を積まなければならない点はこれからも数多くありますが、ここまで私たちが学んできた、競争の激しいマーケットで頼れる従業員を育てる3つの方法を皆さんとシェア出来れば幸いです。

 

関わり合いを持ち続け、素早く動く

タレント市場は混沌としています。求人の応募者と交わすあらゆるやり取りが極めて重大です。ある時点で応募者の関心を失ってしまったら、それを取り戻すのは極めて難しいのです。だからこそ、私たちは将来雇う可能性のある人なら経験のある人でもインターンでも同様に、日頃から密に連絡を取り合うように心掛けています(かなりの数のサマー・インターン参加者がWorkdayのGeneration Workdayプログラムを活用し、幸いなことに卒業後もWorkdayで働くことを選んでくれています。)

 

働きがいのある職場としてそこにふさわしい人々を引きつけるためには、
会社のあるべき姿と自分たちが何を体現しようとしているのかを常に心がけなければならない。

 

また、私たちのリクルーターは求人の応募者との間に信頼関係を構築しようと努力しています。例えば、最初に連絡を取る前にできる限り応募者のことを調べ、初めてのやり取りが冷ややかなものにならないよう心がけています。さらに、私たちは応募者の時間を尊重しており、彼らの時間を無駄にしてはいけないと思っています。そのため、彼らが他のオファーも考慮している場合は出来るだけ早く採用/不採用の決定を出すようにしています。ここ数ヶ月では、このような迅速化に向けた社内の協力体制が功を奏し、1時間以内で条件提示を引き出すことも出来るようになりました。

それに加えて、幾つかの部門では「結果ベースの選定プロセス(RBS)」に移行しました。これはWorkdayで活躍するために必要とされる適性とスキルがそれぞれの部門でどのようなものか採用責任者とともに決めるものです。このアプローチで優秀な応募者を少ない面接回数で採用できるようになってきました。RBSを採用して18ヶ月になりますが、その結果にはとても満足しています。

 

社員と応募者を結びつける

優秀な人財を引きつけたいなら、実際に働いている社員に手を貸してもらうのが最適です。Workdayが社員と応募者の結びつきを強めるために取り組んでいる一例として、社員やマネージャとテクノロジーや関わっているプロジェクトについて話し合う懇親会パーティーがあります。応募者は直にチームの興奮や盛り上がりを目の当たりにし、肩肘張らない場で同僚同士が打ち解けて話しているのを聴くことで、Workdayについての思い入れを深めるようになります。幾つかのWorkdayオフィスでは、実際の面接の前に応募者をオフィスに招待し、社員と数時間話してもらったり、仕事がどんなものか見てもらったりしています。そうすることで応募者は面接の時にずっとリラックス出来ますし、またWorkdayについて理解を深めた上で質問に望めるわけです。

 

私たちの強みは2つあります。
1つは会社のカルチャーで、もう1つは最新のクールなテクノロジーを使って仕事が出来ることです。

 

自分の強みを生かす

働きがいのある職場としてそこにふさわしい人々を引きつけるためには、会社のあるべき姿と自分たちが何を体現しようとしているのかを常に心がけなければなりません。競争の激しいタレント市場では自分の強みを生かすことが必要不可欠なのです。

Workdayでは私たちの強みは2つあります。1つは会社のカルチャーで、もう1つは私たちが開発している企業向けアプリケーションのような最新のクールなテクノロジーを使って仕事が出来ることです。これらの強みを評価してくれている応募者が私たちの会社に集ってくれているのです。あなたの会社の強みが何であれ、それを大切にし、自分たちの役に立つように活用しましょう。

自分たちの思い入れのあるカルチャーをこれからも大切にし続けるため、私たちは自分の意見をハッキリと伝えることが出来て、周りと協力し、個人プレーよりもチームプレーを重視する応募者を求めています。お客様の成功のために全力を尽くす私たちの姿勢を直感的に理解し、よく遊び、よく働くような人々です。私たちは今まで楽しんで働き、同時に多くの成功を成し遂げた社員を見つけてきました。彼らは長く会社に勤め、私たちと価値観を共有しています。

トップタレントを引きつけ、雇い入れ、巻き込み、会社に引き止める。それらはいつも私たちがWorkdayで語り、自分たちのアプリケーションを良くする上で毎日考えていることです。才能があり、頭脳明晰な人々に多くの選択肢があることは十分に理解していますが、彼らの多くがWorkdayで一緒に働く道を選んでくれていることに心から感謝しています。

 

原文(英語) : 3 Tips for Building a Great Workforce in a Competitive Market