Hero Background Image

今こそERPが変わるべき3つの理由

 

これは、Workday のブログに Chano Fernandez が英語で投稿した記事です。 日本の読者の皆様も興味を持たれることと思い、この記事を翻訳しました。

 

ERP(Enterprise Resource Planning)という言葉は25年ほど前から存在していますが、25年という年月はテクノロジー業界では相当な期間です。もちろん長く続くということは悪いことではありません。実際、専門用語やバズワードが飛び交うマーケティングの世界では、これほど長く1つのコンセプトが受け入れられていること自体、それが上手くいっていることを証明しているのです。実際、ERPは企業向けソフトウェアのあり方を変え、今では400億ドルもの市場規模になっています。

ですが、過去に上手くいったビジネスが今後も上手く行き続けるとは限りません。会社のオペレーションにとって最善と思われてきたものでも、その価値を改めて問われるのが今の時代なのです。私たちが生きるこの時代のビジネスは、ダイナミックでしかも挑戦に溢れていると言えるでしょう。

だからこそ、今ここでERPが現在のビジネスにどのような影響を与えているのかをもう一度検討し直すとともに、今後のビジネス アプリケーションのあり方を根本的に変えうる要素が何か確認してみることにしましょう。

 

昔ながらのERPシステムは、
現在のデジタル化したビジネスを念頭に設計されていません。

 

1. グローバル ビジネスの基本構造そのものの変化

ERPの成り立ちを学べば、最近になってデジタル/サブスクリプション エコノミーが台頭してきたことで、ERPのような昔ながらのテクノロジーが押されているのも理由のないことではないのがよく分かります。初期の頃から、ERPは組織内の「モノ」の生産流通にばかり注目し、本来会社の中心となるべき「人」について軽視してきました。在庫と財務を最適化することを目的とするERPの思想では、社員は単なる「労働力」や「最小限化すべきコスト」として扱われることが多くなります。しかし、今の時代に企業にとって最も価値があるのは「モノ」ではなく「タレント」なのです。

ここ数十年、世界中の先進国はサービス業中心の経済へとシフトしています。この流れの中では、非サービス業でさえもイノベーションの萌芽を探すために「人」に注目することが求められてきています。

もしあなたの会社が「モノ」を中心に扱う事業を行っているようでしたら、財務をサプライ チェーンや設備との関係で考えるのはもっともなことです。ですが、もしあなたの会社がIP/イノベーション /サービスといった「人」と関わりの深い事業を行っているようでしたら、財務と人事を強く結びつけて考えることを第一優先にするのは至極妥当なのです。

このように何を第一優先とするかで、どんなツールを利用するのかも変わってきます。

 

2. それぞれの部門に求められるものの変化

ビジネス リーダーが組織の各部門に求める役割は変わってきました。CEOはかつてない速さで、データに基づく意思決定が出来ることを望んでいます。それと同時にCEOは財務部門や人事部門のフットワークがもっと軽くなり、ビジネス戦略をともに策定するパートナーとなることを期待しています。

昔ながらのERPシステムは、現在のデジタル化したビジネスを念頭に設計されていません。主に重要ではあるものの限られたデータのみを扱い、取引に関する情報を処理するために設計されているのが大半です。そのため、サイズの大きい新しいデータを扱う機能や今後のプロジェクトに役立つ外部ソースを活用する機能は持ち合わせていないのです。

そこで、これらのシステムのプロバイダーとしては、機能の欠落を補うため新しいシステムと古いシステムをつぎはぎし、レポート・ツールやアナリティクス・ツールを適宜使い分けながら駆使することで何とか状況を乗り切ろうとしてきました。しかし、その結果として出来上がるのは、複雑でつぎはぎが山のようにある、まるでパッチワークのような構造の使いづらくコストのかかるシステムです。これではちょっとしたことを調べるのにも信じられないくらい時間がかかってしまいます。

 

何年も前に導入された時代遅れのシステムで、
未来の問題を解決することは出来ません。

 

しかし、最近ではクラウド・コンピューティングと低コストのデータ・ストレージが普及し始めてきたため、インメモリのデータ構造を利用してトランザクション プロセスの高速化やニーズに合わせた意思決定をサポート出来るようになりました。これらがたった1つのシンプルで簡単に使えるシステムで実現出来るようになったのです。

これにより財務と人事の両面からビジネスに戦略的価値を与えることが出来るようになりました。好例としては、財務部門と人事部門が会議の半分近くの時間を使って、それぞれのシステムから出してきた数字の帳尻が合うまで「議論」するといった無駄な時間がなくなり、その代わりにその時間をもっと有意義な内容、例えば経営戦略に関する議論等に費やすことが出来るようになったのです。

 

3. コア ビジネスに求められるものの変化

これがパズルの最後のピースになります。ERPが現れた頃のことに思いを馳せると、それが近代における重要なテクノロジーの到達点の1つであることに気がつきます。しかし、そこにこそ問題の本質があるのです。すなわち、何年も前に導入された時代遅れのシステムでは未来の問題を解決することが出来ないのです。

ビジネスのスピードはこの25年で急激に加速しています。そして、より速く、より柔軟性があるエンタープライズ ソフトウェアを導入することは、現代の先進的な会社にとっては議論の余地のない重要事項です。CEOはビジネスでもっと多くを成し遂げようと望み、一層前向きでイノベーティブな成長戦略を求め続けています。同じことを30〜60分で出来るシステムが存在するのに、新しい支店が稼働するまで4〜6ヶ月もかかるシステムを導入したままだと、イノベーションに向けた事業の流れを悪くする恐れがあるわけです。
CEOやCFOといった経営幹部が自社の基盤となるテクノロジーに求めるものは、柔軟性や速さなのです。

ここに挙げた3つの要素が示すように、現在は「古いビジネス」の基盤となってきたプロセスやテクノロジー等の再定義が求められる時代になってきています。古いERPシステムの時代は終わりました。「モノ」中心ではなく「タレント」中心のビジネスに急速に変化していくなかで、機敏さや民主的な意思決定、今日の働き方に合わせてデザインされたビジネスのあり方こそ問われてきているのです。

 

原文(英語) : 3 Big Reasons Why It’s Time for ERP to Change