Hero Background Image

雇うなら変化を喜んで受け入れるファイナンス人財を

 

これは、Workday のブログに Robynne Sisco が英語で投稿した記事です。 日本の読者の皆様も興味を持たれることと思い、この記事を翻訳しました。

 

財務の世界では、逆説的ですが「変わらぬものは『変化』だけ」なのです。

給与や買掛金、収益認識といった分野に関わらず、どの分野でも過去と同じやり方が通るものは1つもないというのが現状です。他社を買収したり、もしくは自社のみで成長することによって企業を取り巻く環境は常に変化し続けています。しかし、経済が混迷の様相を呈するようになり、通貨が乱高下し、新たな規制が生じることになっても、はっきりしていることがあります。意外かもしれませんが財務に退屈な瞬間などないということなのです。

大切なのは、これらの変化に対して上手く対応するため、適切なシステムとプロセスを準備しておくことです。さらに同じくらいに重要なのは、対応できる能力、さらには変化を利用できるようなメンタルが社内の人間に生じることです。

Workdayで財務チームの新メンバーを雇うときは、特別な会計の経験があるかや今まで使ってきたシステムが何だったかを気にしません。むしろ彼らが仕事のどんな面に駆り立てられ楽しみを覚えるのかを気にしています。実際のところ、新人の多くは Workday ファイナンシャル マネジメント を使ったことがありません。ですが、新しいものを習うのに(そして、いつも最新版のシステムを使うことに)興奮を覚えているようです。

 

会社にふさわしい人間を雇いなさい。特に退屈に身を任せたりしない人物を。

 

私たちは同じ仕事を延々と繰り返すのに満足するような人を求めてはいません。生まれつき人と異なるやり方を試したがるような人や、取り組みたくなるような新しいチャレンジを探し求める人、さらにはキャリアを通して違った仕事にトライしたがるような人を求めているのです。同時に、人事担当たちは自分たちのところにわざわざやって来て「私ならもっと上手くやれます」と言うような社員を評価し、報いるつもりなのです。

Workday ファイナンシャル マネジメントでは1年に2回のメジャーアップデートがあります。そして、それぞれが会社に一層の価値をもたらす武器となるような新機能を含んでいます。私はチームのメンバーがこの新しい機能に目を輝かせ、それを使って仕事をどう進めるか話し合っているのを見ると嬉しくなります。例えば、コンポジット・レポーティングが使えるようになったときには、以前スプレッドシートでまとめられていた重要な財務レポートを自動化できるようになりました。これにより、リーダーシップ・チームによりタイムリーなレポートを提出できるようになり、人財を新規のエキサイティングで価値の高い活動に割振ることができるようになったのです。

財務部門のリーダーは部下に対して退屈な仕事から抜け出る機会を提供できるのです。スプレッドシートや口座の帳尻が合っているかの確認に何時間もかけるよりも、より難しく困難な仕事に取り掛かる機会を与えるべきです。彼らはきっとビジネスにおける深いインサイトを得るために他の人と喜んで情報をシェアしますし、さらに重要なことにキャリアの階段を登るにつれて、会社に一層のインパクトを与えることができます。

よりふさわしい人を雇いなさい。そう、特に退屈さに甘んじるようなタイプではない人を。そして、彼らに意思決定に役立つツールと、大切なものを見分け効率性を追い求めていく自由を与えなさい。新しい事柄を積極的に学び、同僚と力を合わせて働く人を雇いなさい。そして、もしあなたが既にWorkdayのお客様なら、そのことを明らかにして、Workdayコミュニティー(登録が必要です)かWorkdayユーザーグループに参加しましょう。そうすれば、あなたのチームは変化と本物の変化を会社にもたらす機会を取り入れるのに最も適した状態になるでしょう。

 

原文(英語) : Hire Finance People Who Welcome and Embrace Change