Hero Background Image

CFOとCIO:これからの未来を創るダイナミック デュオ

 

これは、Workday のブログに Matthew Schwenderman が英語で投稿した記事です。 日本の読者の皆様も興味を持たれることと思い、この記事を翻訳しました。

 

テクノロジーが既存のビジネス モデルを変革し、まったく新しいものへと変えようとしている現在においてCFOとCIOの関係はますます切っても切れないものになりつつあります。

CFOがCIOに対して望むのは、成長を加速し、データ を重視したビジネス パフォーマンスのインサイトが得られるようなIT環境への投資であり、その一方でCIOは日頃からビジネス戦略やサイバーセキュリティ、イノベーションの分野でCFOと連携を取っていきたいと考えています。企業の中には、この2つの立場を結びつけるような仕組みを社内に整えている場合もあり、例えばデロイトの2015 グローバルCIOサーベイでは22%のCIOがCFOに直接レポートしているとあります。

テクノロジーへの出費は決して少なくないものですが、本当に必要とされるところに適切に投資されたなら、収益に貢献することは間違いないでしょう。最近のデロイトによるCFO Signals Japan : 2016Q1リサーチでは、今年の課題としてCFOはIT部門を強化して、良質のデータとインサイトをもっと使いやすくする努力をしているとあります。

しかし、CFOとCIOのチームワークで多くが成し遂げられてきているのは確かですが、両者がもっと緊密に手を取り合うことでさらに多くを成し遂げる余地もありそうです。デロイトによるCFO Insightの記事によると、ウェブで非公式の投票を行ったところ社内のCIOとCFOがお互いの役割を深く理解し合い、強力なパートナーシップをとれていると答えたのは回答者の3分の1に満たない程度だったそうです。

 

CFOは力添え出来るのです。鍵となるビジネス プロセスにITがどれほどインパクトを与えうるかについてCIOが社内に広めるのを。

 

戦略的な成長プランにおいてITへの投資がどれほど意義深いかを踏まえ、CFOとCIOは次のようなステップで共に手を携えて行くことが出来ます。

 

同僚を知る

同僚がどんな人間なのかを知ることはもちろん、そのビジネス パーソナリティーやコミュニケーション パターン、優先順位のつけ方、責任感の程度、ゴールのとらえ方も出来るだけ知るようにしましょう。協力関係を築くのに非常に役立つはずです。他のエグゼクティブたちの観点を知り、大切なことが何か分かれば、同僚とどんな分野で協力して、自分が優先順位を決める基準は何かを知るのが容易になります。

 

価値を生み出すことに集中する

CIOのなかには、ビジネスのニーズに適って本物の価値を生み出しているにも関わらず「キラキラした」最新のテクノロジーを好んでいるといった酷い評判にさらされている人もいます。その一方で、CFOのなかには「古いものを壊れるまで使い続けろ」というモットーの人もいます。IT投資で1ドルも無駄にしないためにもCFOとCIOは協力し合いながら収益やオペレーティング マージンの増大、アセットの最適化、パフォーマンスについてのマーケットの期待といったシェアホルダーが大切にする価値を考えたバランスの取れた投資戦略を練っていくべきです。このように手を携えて見込みのあるIT投資をきっちりと見ていくことで、CFOやCIOがテクノロジーの審査プロセスを合理化し、可能性を秘めた投資の強みと弱みをハッキリさせるのを手助け出来るわけです。

 

CIOは、テクノロジーによってデータの正確さや一貫性がどれほど改善されるかCFOが理解する手助けが出来ます。

 

同じように、CFOは鍵となるビジネス プロセスについてITがどれほど大きなインパクトを与えうるかをCIOが社内に広めていくのを手助けすることが出来るのです。例えば、セールスについては優れたビジネスの決断をなすためにITに投資することでセールスデータのクオリティーやタイムリーさを以前よりはるかに改善することが出来るといったように。さらにCIOはコンプライアンスの専門知識が必要となるような場合に、データの正確さや一貫性がテクノロジーによってどれほど改善されるのかCFOが理解するのを手伝えるのです。

 

共通言語を探す

最後となりますが、パートナーシップというものは、すべての関係者が共通のプロセスやガイドラインに従ってコミュニケーションを取り合うときに一番上手くいくものです。このようなアプローチを取っていれば、ITに投資するにあたっても分かりやすい原則を当てはめていくことが出来るようになるはずです。エグゼクティブも自分たちの専門知識を提供できる次のような場面を見てみましょう。

  • ポートフォリオ マネジメント:CIOは自分たちのテクノロジー資産やプロジェクトをあたかもベンチャー キャピタリストたちのように価値やリスク、報酬の観点から時々個別に評価したりパフォーマンスを集計したりしながら熟慮して運用するべきです。ほとんどの場合、ITへの投資は注意深くプランが立てられたにも関わらず、なかなかうまく行かない場合もあるという事実を考慮に入れた上でリスク評価基準を立てること等でCFOはCIOのパートナーになれるのです。
  • 投資すべきアセットの評価:CFOはCIOと協力してテクノロジーへの投資を比較したり、パフォーマンスの結果を追跡するメソッドを開発することが出来ます。
  • ベンチャー ファンディング:財務に関するCFOの専門知識を活用することで、CFOはベンチャー ファンドで利用されるステージ‐ゲート型の投資や強力なガバナンス モデルといった原理・原則をより良い結果や制御をもたらすためのテクノロジーの戦略的利用に活かすことが出来ます。
  • マーケット分析:それぞれのタレントを武器にしてマーケット分析を進めましょう。例えばCIOは「マーケット ディスラプター」となるようなテクノロジーを見極めることが出来ます。それをもとにCFOはそれらに投資した時のビジネス上のインパクトや予測できる結果を明確にする手伝いが出来るのです。

CFOとCIOは仕事上の関係を育てていくために以上のようなステップも含めた様々な可能性を探りますが、その過程ではピンチに陥るかもしれません。ひょっとするとどちらの側も協力関係の行き着く先がどのようなものになり、どのようにして価値を生み出せるのか明確なアイデアを持たないかもしれません。また、CFOやCIOが期待の持てるビジョンを共に育み、その中でしっかりとした成果を出すために戦略的でオペレーショナルなテクノロジーについてのガバナンスを何とか確立させようと努力することになるかもしれません。

そのようなチャレンジこそが大切なのです。一旦、CFOとCIOが立ち上がれば、社内全体で彼らを支え、途中でそれをやめたりしてはいけません。テクノロジー面でのイノベーションはビジネスの深い部分の変革を生み出します。誰もイメージしたことがないような機会を掘り出してくれるのです。CIOとCFOが強力な共生関係を築けば、そのパートナーシップはいまこの瞬間に存在する様々な機会を未来の可能性へと変えていく力を持つのです。

 

原文(英語) : The CFO and CIO: Digital’s Dynamic Duo