Hero Background Image

CIOがCEOとともにイノベーティブな成長戦略を実現するには

 

これは、Workday のブログに Workday スタッフ ライター が英語で投稿した記事です。 日本の読者の皆様も興味を持たれることと思い、この記事を翻訳しました。

 

近年のビジネスは、昔ながらのライバルから新興勢力に至るまで様々な競合からのプレッシャーにさらされています。
そのため、成功と成長を持続するには、イノベーション、行動の素早さ、それに変化を受け容れる姿勢が求められるようになってきています。

一方で、ディスラプションの大波をうまく切り抜けた企業には、その見返りとしてマーケットでのリーダーシップや財務面での安定、さらには長期的な会社の存続が約束されます。

そこでCEOは他のエグゼクティブからのサポートや協力を得ながら企業としてのゴールを目指しつつも、CIOに対してはより効率を重視し競争力のある会社になるためのイノベーティブなテクノロジーを開発することを求めるようになってきています。

 

デジタル時代のディスラプションを乗り切る

未だにIT部門は日々の業務を円滑に行うための「サポート」の役割を期待されることが多いのが現状ですが、それでも最近のCIOは会社と顧客との間に接点を生み、スムーズに交流するやり方を新たに考え出すこと等のデジタル戦略を策定することも求められるようになってきています。また、CEO主導の成長戦略をサポートする等デジタル分野でのビジネス・チャンスをしっかりと活用出来るように現在の企業を変貌させることもCIOのミッションには含まれます。

CEOはライバルに差をつけるのはスピードと効率性であると信じており、同時にCIOこそがマーケットでいち早く会社が頭角を現すために、ビジネスとテクノロジーの調和点を見つけ出せる人物だとみなしているのです。

IBMは21ヵ国の5,000人以上のエグゼクティブの意見を集めた“Redefining Boundaries: The Global C-suite Study,”という調査を実施しました。その調査では、CEOがCIOを非常に頼りにしており、デジタル分野でのディスラプションのようなテクノロジー関連の重大事がCEOの戦略にどれほど大きな影響を与えているかが明らかにされています。

例えば、マーケットをリードしている企業のCEOの実に58%が、漸次的な成長ではなくディスラプティブなイノベーションを求めています。彼らはライバルに差をつけるのはスピードと効率性であると信じており、同時にCIOこそがマーケットでいち早く会社が頭角を現すために、ビジネスとテクノロジーの調和点を見つけ出せる人物だとみなしているのです。

このような状況下で、CIOはビジネスをどのように進めていけば良いのかのアドバイスを与える適切な人物となるのです。正しいビジネス・ソリューションを見つけ出し、それを採用出来れば、企業において様々な仕事がやりやすくなりますね。

こう考えるとイノベーティブでユーザーの使い勝手を最優先し、さらにはモバイルでの利用も出来るクラウドベースのソリューションを上手く活用することが、ビジネスの目標を達成するために何をすれば良いのかをより深く理解し、テクノロジーのビジネスでの利用をさらに増やすことにつながるのです。

クラウドは実際のところ、ますますビジネスのスタンダードになってきており、それによってITインフラのコストや諸問題を減らし、IT部門を戦略や成長指向の業務に割り振ることも可能になります。

 

イノベーションのインパクトを評価する

IBMの調査によると、エグゼクティブのテクノロジーに関する戦略決定については次のような特徴があるようです。過去10年で最も注目すべきはCEOがテクノロジーの重要性について関心を強く持つようになってきたことで、10年前にはテクノロジーは「自社に重大な影響を与えうる外的要因」で6位でしかなかったのですが、今では彼らの注目を最も集める要因の1つになっているのです。

 

CIOは社員だけでなく顧客やパートナーの動静も理解する必要がある

IT部門にとってはテクノロジーへの注目が集まるのは喜ばしいことですが、一方でCEOはエンドユーザーの体験にも常に気を配る必要があります。モバイルアプリケーションやユーザー フレンドリーなWebサイトをさらなる成長へのソリューションとして利用するなどして、もっと多くの潜在的な顧客にリーチする方法を見つける必要があるのです。しかも、CEOは新しいソリューションを取り入れた時にどのような悪影響が出るかや、それが企業内部にどんなインパクトを与えることになるのかについて明確な考え方を持っていないかもしれません。顧客にとって役立つものであっても、既存のITアーキテクチュアには導入しない方が良い場合もあるのです。必要に応じてアプリケーションの設定が出来るような柔軟性や、サービス、データ、アプリケーションを統合できるような能力は、ひょっとすると顧客を何よりも大切に考えるという目標にそぐわない場合もあるかもしれません。

それゆえCIOはイノベーションが与えるインパクトを正確に評価し、それをビジネスの目標実現のためにどのように活用していくかを考える必要があります。彼らは社員だけでなく顧客やパートナーの動静も理解する必要があるのです。うまくデザインされたITアーキテクチュアには、顧客、サードパーティー、会社のステークホルダーそれぞれの要望に応えられる適切なテクノロジー基盤があるのです。このバランスを上手く取るには洞察に満ちたCIOの判断が必要不可欠です。そして、この判断は、ほんの僅かな期間苦しみつつもディスラプションを受け容れることが、ひいては長期の利益に繋がることを理解しているCIOの慧眼から生まれるのです。

変化とディスラプションの大波に如何に取り組むか、その姿勢が大波を乗りこなすのか、それともそこから滑り落ちるのかの別れ目となります。CIOの役割は何か?それはディスラプションによってもたらされる可能性を明示して自社の進むべき方向性を示し、どんな大波が来ようともそれに耐えうるテクノロジー戦略を採用することなのです。

 

原文(英語) : How CIOs Can Help CEOs Drive Innovative Growth Strategies