Hero Background Image

際立つCFOに必要な最重要スキルとは

 

これは、Workday のブログに Workday スタッフ ライター が英語で投稿した記事です。 日本の読者の皆様も興味を持たれることと思い、この記事を翻訳しました。

 

「成功とは準備とチャンスが合致すること」と言われます。

現在ではCEOはますますビジネスの方向性や戦略についてCFOの助けを求めるようになって来ており、CFOが会社の未来にインパクトを与えられるチャンスはかつてないほど増えてきています。かつてCFOは社内で数字を扱うだけの役職と思われていましたが、今やそこに留まらずグローバルなビジネス環境や規制が急激に変化するなかで、企業の戦略や成長を支えるデータ重視のアナリティクスやインサイトへの需要の高まりに対応出来る存在として注目を集めるようになってきているのです。

このように現在はCFOの役割が再定義されてエキサイティングなポジションになりつつあるため、財務とビジネスのプロフェッショナルは自分たちのキャリアに箔をつけるため「CFO」という肩書を加えたがっています。それでは既にCFOになった者はどうかと言えば、自分たちのスキルセットや知識、得意とする分野、そして優秀なCFOになるための人間関係等に細心の注意を払って、常に向上と進歩を目指しています。

前後半2回でお届けする今回のブログでは、際立つCFOになるために必要とされる最も重要なスキルや実力について、財務のエキスパートや実務家への数多くのインタビューや調査から詳しく考えていくことにしましょう。

 

財務にとどまらない、広い経験

財務の経験が基本にあることは大切ですが、CFOが企業において戦略的な役割を担うためには、財務以外にも幅広いビジネスの知識とオペレーションの経験が必要となります。Johnson Brothers Liquor Companyの副社長でありCFOでもあるKevin Loegering氏は、CFOが従来の純粋な財務会計職から大きく変化しつつあることについて「オペレーションの知識、影響力、鋭い洞察力こそがCFOに求められるのです。」と語っています。

ACCA(the Association of Chartered Certified Accountants)とIMA(the Institute of Management Accountants)によるレポートでは、戦略策定とその実行こそが未来のCFOにとって最も重要な業務になると述べています。そのためCFOはそれぞれの部門について多くのビジネスの経験や知識をもって、従来から得意とする財務以外の分野でも幅広くリーダーシップを発揮できるようにしていかなければなりません。

 

「オペレーションの知識、影響力、鋭い洞察力こそがCFOに求められるのです。」
― Kevin Loegering ‐Johnson Brothers Liquor Companyの副社長、CFO

 

CFOという役職にあってオペレーションやマーケティング、セールスといった財務以外の重要な職務を管理している人やごく少数ではあるものの他の人と緊密に連携をとってこれらの業務を行っているような人たちは、将来的にビジネスや顧客についてより深いインサイトを得るようになるでしょうし、それが戦略や成長につながる点でも今後有利になってくるでしょう。

 

データとアクションにつながるインサイトに注目する

データの活用は、今まで以上にビジネスで成功するカギとなりつつあります。データを上手く活用することが出来れば、新たなマーケットを見つけ出したり、カスタマー エクスペリエンスの改善やビジネス プランニングの策定を進めることが出来るため、変化やイノベーションを生み出す力になるのです。そのためCEOは戦略や意思決定に役立つアナリティクスやインサイトを次々と作成してくれることをCFOとその財務チームに期待しているのです。実際ACCAとIMAのレポートによると、財務チームとCFOはデータによる大変革の中心となって活躍することが期待されていることが分かります。

CFOと財務チームはデータを自由自在に扱えるようにならなければなりません。ただの数字を扱っているという意識ではなく、どうしてそのような意思決定を勧めるに至ったのかというコンテクストや理由を伝え、「もしも」に答える想像力が大切なのです。

スタンフォード大学のファイナンスの教授であるIlya Strebulaev氏はCFO向けのプログラムに携わっており、現在そして将来のCFOに必要とされるスキルがどのようなものかを教えています。彼は専門知識の重要性を認めたうえで次のように語っています。 「私たちはまるでデータの海の中で生きているようなものなのです。そこではテクノロジーはデータを分析して価値を見出し、顧客やライバル、マーケットその他多くについて意思決定してゆく武器になるのです。CFOはビジネスを理解し的確な意思決定を進めるために、ありとあらゆるデータをどう扱えばいいか理解していなければなりません。財務のデータだけではダメなのです。でなければ会社は生き残れないでしょう。」

 

CFOと財務チームはますます先進的なアナリティクスを利用するようになり、
そのおかげで予測モデルを作成し、より確度の高いフォーキャスティングが出来るようになるでしょう。

 

テクノロジーを活用すれば、データをタイムリーで簡単に、しかも他のデータと関連させてビジネスで利用できるようになります。クラウドやインメモリ データベースだけではなくデータの可視化やモバイル ユースにも優れた特徴を持つ新しい財務のマネジメント システムは、今までのように単なる財務データを分析するためだけに使われるのではなく、リアルタイムにビジネス パフォーマンスを可視化してそのインサイトを得るのにも役立つのです。さらには、そのインサイトを今までよりずっと手軽にそれを必要とする人々の元に届け、それをきっかけとして彼らとより深いパートナーシップを結ぶことが出来るようにもなるのです。

CFOと財務チームはますます先進的なアナリティクスを利用するようになってきており、そのおかげで予測モデルを作成し、より確度の高いフォアキャスティングが出来るようになりました。どのテクノロジーやシステムが今までより効率良く、迅速に、深いインサイトへと導いてくれるのかを見分けるのは極めて大切です。前述のACCAとIMAのレポートでも「将来のCFOや財務部門はこのようなテクノロジーを積極的に武器にしていく必要があります。例えば、数字を記録しそれを確認するのにかける時間を少なくし、むしろデータ同士を結びつけ数字がビジネス上どんな意味を持つのかを理解し周りに伝えることが大切です。すなわち意思決定に財務の知恵を活用するのです。」と指摘しています。

 

CIOとの緊密なパートナーシップ

CIOと緊密な関係を築くことは、未来のCFOのあり方として見逃せません。前述のStrebulaev教授はデータ中心の組織を構築するためにはCFOとCIOのパートナーシップが大切だと強調するとともに、お互いをより深く理解するにはどうすればいいのかを学ぶことも必要だと述べています。両者が今まで以上に緊密な関係を築くことで、いったいどのようなテクノロジーや財務システムがCFOとそのチームをサポートするのに必要とされるのか分かるようになるのです。

「CFOはデータ ドリブンの大変革のなかでCIOと緊密なパートナーシップを保ち、CIOにとって必要なデータとはどのようなものかを伝えます。かつて彼らはまるで互いに違う言語を話しているかのように意思疎通がうまく行かず、それが問題になっていました。それなので、今後両者のコミュニケーションを改善することは極めて大切なのです。」と教授は指摘します。

Loegering氏もこの点について同意見です。「情報とテクノロジーをうまく利用することが、システムやデータへの理解を深めるうえでますます重要になって来ます。」と述べた上で、このような観点を持つことがCIOとの緊密な関係を育むきっかけになったと指摘しています。

 

原文(英語) : The Most Important Skills for the CFO of the Future