Hero Background Image

CEOの舵取りにCFOがベストパートナーとなりうる理由

 

これは、Workday のブログに Robynne Sisco が英語で投稿した記事です。 日本の読者の皆様も興味を持たれることと思い、この記事を翻訳しました。

 

「あなたの会社のCEOがいま最も関心を寄せていることは何ですか?」

もしあなたの会社のCFOがこの質問の答えを知っているのなら、きっとCEOを助けて会社をさらに前進させる推進力になってくれるはずです。そこでWorkday は前述の質問の答えを見つけるため、信頼できるコンサルティング会社の資料を元にしたCEO調査を実施し、その結果をこちらのブログ記事にまとめました。

CEOが関心を寄せている事柄のうち、次の4つがCFOにとっても意義のあるものになります。

 

成長

KPMGのグローバルCEO調査によると、大多数のCEOはコストの効率化よりも会社の成長を重視しています。確かに収益をきちんと上げているかはどんな組織にとっても重要な指標の1つなのですが、そもそも収益を上げるためには成長に繋がる投資をしなければなりません。別言すれば、お金を稼ぐにはお金を使わなければなりませんが、ただ使えば良いのではなく賢く使わなければならないのです。

CFOとしては収益と成長のバランスをよく考えつつ、クオリティーの高い簡単にアクセス出来るデータをいつでも利用可能な状態にしておくことが、正しいビジネス上の決断を導くために重要になってくるのです。もしCFOとそのチームが優れたデータという名の武器を持つことが出来たなら、新しいマーケットに投資する際にどれくらいのコストがかかり、どれくらいのリターンがあるのかというような財務面でのCEOの良き相談相手としてのポジションを確立出来るでしょう。

 

リスクをとる

同じ調査によると、CEOの3分の1が成長戦略に関わる分野において自分たちが十分なリスクをとっていないと考えていることが分かります。一般的にCFOは保守的な考え方を持つと思われがちですが、これからは「計算され尽くしたリスクは、もはやリスクではない」との前向きな信念を持ってCEOをサポートしていく必要があります。というのも、ビジネスやテクノロジーの変化はあまりにも激しいため、会社がリスクを恐れるようになるとあっという間にその会社はライバルに取り残されてしまうからです。CFOとしてデータを駆使することで、リスクがどのようなものか、どんな結果が起こりうるか、他のビジネス・リーダーと協力して上手くリスクを減らし良い結果を導けるか等を的確に評価することが可能になるはずです。

 

新規法制に対処する

正直なところ、私はPwCの『第19回世界CEO意識調査』において、79%のCEOが規制の変更や新規法制を最大の関心事の1つと考えていると知ってもさして驚きません。今日の規制環境、そして柔軟性のない財務システムが織り成す状況は、私がお話を伺った多くのCEOにとって悩みの種となっているようでした。世界がこれほど複雑になってくると、自分の業界の規制環境がどのように変化しているのか、その流れを掴むことが絶対に必要となってきます。CFOは法制の変更に素早く対応して会社を導きながら、より柔軟な財務システムや変化に適応出来るオペレーションをすぐさま導入出来る環境を整えていく必要があります。

 

ビジネスをサポートし、価値ある情報をリアルタイムで提供するテクノロジーを取り入れるようCFOが積極的に発言する例を最近数多く見るようになってきました。

 

テクノロジーを武器にする

テクノロジーが私たちの生活や働き方に大変大きな影響を与え続けていることに疑いはありません。IBMの『グローバル経営層スタディ』では、多くのCEOがテクノロジーは競合との決定的な差別化要因であり、モバイル、ソーシャル、クラウド等の分野で特に甚大な影響が生じうると考えていると指摘しています。

とはいえ、私たちの誰もが変化を起こすのはたやすいことではないと理解しています。だからこそ、CFOの立場から最新のシステムやテクノロジーを導入することを決定し、会社がさらに前進するのを手助けすることが大切になってくるのです。こうすることで、必要とするデータをすぐに見つけられない不便さや足を引っ張るだけの古臭いシステムから私たちはようやく解放されるのです。

数十年前にデザインされた財務システムが、現在の会計やコンプライアンス、意思決定に「十分役立つ」など、もはや誰も考えていないでしょう。むしろ最近ではビジネスをサポートし、価値ある情報をリアルタイムで提供するテクノロジーを取り入れるようCFOが積極的に発言する例を数多く見るようになってきました。

これこそが「ビッグ・シフト」であり、今こそCFOにとっては最もエキサイティングな時なのです。

CFOの業務は日々変化し、進化し続けています。しかし、変わらぬものもあります。それは、CEOが最も大切に考える重要事項をCEOとともに取り組み、サポートすることです。私は前述のコンサルティング会社による調査になるほどと思いましたが、他の財務部門のリーダーたちがどう考えているのかにも関心があります。

ここで取り上げた問題意識は正しいのでしょうか?それとももっと重要な問題があるのでしょうか?あなたのご意見をお待ち致しております。

 

原文(英語) : What the CEO Cares About, and How the CFO Can Help