Hero Background Image

CIOがイノベーション、変化、さらなる成長を
リードする時代に

By Workday スタッフ ライター

「CIOの役割は何か?」と問われた時に思い浮かぶ仕事と言えば、かつては社員が効率良く働き、ビジネス プロセスを自動化出来るようなテクノロジーを職場に導入するといった類の仕事ばかりでした。もっぱら会社の内へ内へと目が向けられ、時にはシステムが不都合なく稼働すれば十分でビジネスをさらに前進させるような役割はCIOには求められていなかったのです。

しかし、テクノロジーが数多くの変化を組織にもたらすようになるにつれ状況は変わりつつあります。CIOはビジネスが新たなテクノロジーによってどのように進化するのかに思慮を巡らし、アドバイスすることを求められるようになりました。すなわち、CIOは積極的に社員や顧客、パートナーに役立つツールや情報を提供し、収益を上げる新たな道を見つける手助けをすることが求められているのです。テクノロジーがもたらす変化の中でこれからも全く新しいビジネス モデルや新製品、新サービスが生まれるでしょうが、そこでこそCIOのクリエイティブでイノベーティブなスキルセットが価値あるものとされます。そして、長期にわたる事業の成功を導くために今まで以上にCIOが必要とされることになるわけです。

CIOの役割は根本的に変わりつつあります。今やCIOはテクノロジーの力でビジネス チャンスを生み出す役割の中心を担い、その責任を負っているのです。大げさに聞こえるかもしれませんが、CIOがビジネスを成功に導くために日々どのような事を行っているのかに目を向けると、彼らがルーチンとしてのIT業務をこなしているのはもちろん、そのかたわら会社の業績を拡大するためのデジタル戦略にも取り組んでいることに気づかされます。

このような取り組みをさらに進めるには、単にテクノロジーに詳しいだけでは足りず、それがビジネス全体をどのようにサポートするのかといった視点からのイノベーティブな考え方が求められます。テクノロジーはビジネス上の決定をする際に参照される「データ」とそれを活用する「人」とを繋ぐ接着剤のような役割を果たしているのです。また、それは会社のイノベーティブなビジネス モデルを収益に結びつける基盤でもあります。UberやAirbnbが存在するのは、まさにテクノロジーのおかげなのです。

最近、私たちはCEOのリサーチを通じて、彼らが組織の成長のために何を重視しているのかを見てきました。テクノロジーはどんなビジネスにおいても広く活用されているため、CEOとエグゼクティブたちはCIOがデータやソフトウェア、デバイスといったテクノロジーによって新たなビジネス チャンスを見つけ出してくれることを期待しているのです。

そこで次にCIOに取って重要となる5つのポイントについて説明します。

イノベーション
CIOはライバルに後れを取らないように常に最新のテクノロジーに詳しくなければなりません。これが会社に戦略上貢献する1番の方法です。しかし、それは「常に最新のものを探し回る」ということを意味しません。コストを下げ、生産性を上げるためのアーキテクチュアと基盤を整えるのが最も大切なことなのです。

また、CIOは会社にデジタルの力で変化をもたらす存在でなければなりません。近年では多くの企業がイノベーションこそがビジネス戦略上の鍵であり、破壊的なイノベーションを起こせるのは他でもない自社の社員であることに気づき始めています。そのためCIOは社員のクリエイティビティーを解き放つために、組織全体に役立つツールやテクノロジーをしっかりと提供出来る環境を整える必要があるのです。

アナリティクス
社内には様々な種類の膨大な量のデータが溢れていますが、CIOはこれらのデータがすべての社員にとって役立つものにしなければなりません。どのデータが必要で、それがどのように活用されるべきかを判断し、よりスマートな決定を下すのに役立つ情報を社内のしかるべき人物の手に届くようにするのがCIOの役目なのです。

ITの基盤作り
CIOは会社が組織として大きくなるためにテクノロジーやシステム面での基盤を作る責任があります。適切なソリューションやツールを社内に導入すれば、どのチームも仕事をより良くこなすことが出来るようになるのです。例えば、財務部門はコストを抑え、経費を管理するもっと良い方法を探しているでしょう。また、人事部門は社員を監督するのに役立つイノベーティブなソリューションを、セールス部門はより正確な予想に役立つツールを求めているものです。そのため、究極的にはCIOが会社のために行うことのすべてが会社の成功に大きなインパクトを与えうると言えるでしょう。しかし、それにはビジネス環境にあったテクノロジーを適切に導入していく必要があります。

大規模な技術革新が進むなかで、CIOはフットワークが軽く、将来の会社の規模拡大を見越したITアーキテクチュアを生み出す必要があります。誰も未来を予想することは出来ません。しかし、正しい選択をすればCIOは会社がその未来に備える手助けをすることが出来ます。それを可能にするのが、柔軟性のあるクラウド ベースのインフラや他のプラットフォームなのです。

セキュリティ
社内に様々なデジタル技術が浸透するにつれて、多くの人が様々な方法でより多くのデータにアクセス出来るようになりました。今の時代の成長の本質はこのような情報へのアクセスの容易さにあります。しかし、それがゆえにCIOは顧客やユーザー、パートナー、会社等のデータを安全に管理しなければなりません。CIOはあらゆるレベルでのセキュリティに注意を払う必要があり、それを怠るならば会社やそのステークホルダーに大変な損害を与える恐れがあります。

CIOは非常にやりがいのある立場にあります。ビジネスやテクノロジーの深い知識を組み合わせることで自社のためにイノベーティブな成長戦略を生み出すことが出来るのです。そのため、CIOが導入するテクノロジーは、ビジネスにアドバンテージを与え、ユーザーの要求に応えるものでなければならないのです。この記事で説明してきた内容に気を付ければCIOは社内のみならず会社のエコシステムに関わる全てのステークホルダーにインパクトを与えることが出来るはずです。

今後のブログではこの点をさらに掘り下げ、CIOが幅広いビジネスについて成長の可能性を見つけ、それを持続させる方法についてお話ししたいと思います。

Growth, Innovation, and Change: The Evolution of the CIO (英語:原文でブログを読む)