Workday は、エンタープライズ アプリケーションに対して革新的なアプローチをとってきましたが、テクノロジーも進化を続けています。機械学習や人工知能は今なお発展途上にある技術であり、Workday は、よりスマートなビジネスの創造に向けて、それらの新技術をどのように活用できるか探求を始めたばかりです。

テクノロジー戦略の最終章では、次の点が説明されています。

  • Workday クラウド プラットフォームを開放した理由と、ユーザーがそれをどう活用しているか。
  • 機械学習と人工知能が現在の Workday プロダクトでどのように使われているか。
  • 対話型サービス機能を今後どのように開発していくか。

登録して電子書籍を読む

TRUSTe online privacy certification