Workday Adaptive Planning 導入事例

住友商事マシネックス

住友商事マシネックス株式会社様は、産業の基盤となる機械や電気、情報通信分野の各製品を国内外から仕入れ、お客様への提案を通して、ビジネスソリューションを図る事業を行っています。国内外に事業が拡大する上で、様々な数値集積、分析作業が煩雑になり、エクセルでの予算管理業務が現場の負担となっていました。Workday Adaptive Planning 導入により、予算管理業務の効率化が達成され、会社全体のデータのビジュアライズ化にも展望を持たれています。

経理部ではデータ修正や検証時間が半減されたため、空いた時間を数値分析に当てています。以前と比較しますと数値分析に割く時間は予算管理業務全体の20%ほどであったものが、50~60%へと倍増しています。

水野 聡明 氏

大阪総務部 大阪経理チーム長

概要
課題
  • 事業展開が拡大する際のチーム増加による数値集約、分析作業の煩雑さの解消

導入結果
  • Workday Adaptive Planning を導入することにより、データ分析時間が40%増加し、業績をリアルタイムに可視化することに成功しました。また、その結果最新値データで議論ができる経営幹部会議が行われることになり、現場ユーザの入力工数も削減することにもなりました。