Workday Adaptive Planning 導入事例

ネクスティエレクトロニクス

株式会社ネクスティエレクトロニクス様は、日本最大の半導体商社です。合併によりエレクトロニクス商社として世界第4位の規模になったことにより、グローバルな技術商社として、コア技術の構築に取り組まれています。また、ネクスティエレクトロニクス様は自動車業界と半導体メーカーの橋渡しも行われ、変化の激しい市場においてお客様のニーズに柔軟に対応することを目指されています。

製品完成度の高さについてですが、現場からの数値集約というボトムアップ型と400組織へのトップダウン調整型という2つの数値調整の形態をきちんとシステムとして運用を想定している点を評価しました。

藤永 利明 氏

コーポレートユニット 財務・経理部部長

概要
課題
  • 2つの2000億円企業合併により組織が多角化したことによる、再編化の可能性を含んだシステム構築

導入結果
  • Workday Adaptive Planning の製品の柔軟性が、ネクスティエレクトロ二クス株式会社様の要件と一致していました。特に、合併により、様々な数値入力項目の構成が今後大いに変わる可能性があり、Workday Adaptive Planningはユーザ側で設定を変更していくことができる柔軟性を持っていることを評価されました。 さらに Workday Adaptive Planning の製品完成度の高さについても、良い評価をしていただきました。例えば、現場からの数値集約というボトムアップと数値設定を行うことによる400組織へのトップダウンがきちんとシステムとして運用できるように設計されていることが採用の大きな要因となっています。