Workday Adaptive Planning 導入事例

キリンビール

キリンビール株式会社様は、キリングループの中で、国内のビール・発泡酒・新ジャンルやRTDの商品開発、マーケティング、製品の製造を担っており、全国に9つの工場を持つ綜合飲料メーカーです。2016年 - 2018年の経営計画においては「ビールカテゴリーの魅力化」「ブランドに継続投資するための事業基盤の強化」を掲げています。またキリンビール株式会社様は「あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていく」ということをミッションに掲げています。Workday Adaptive Planning は、そのミッションを達成するために必要な商品の多様性の確保において、効率性とデータ管理の自動化によって支えることに成功しています。

Workday Adaptive Planning 導入後は、データの集計やExcelの加工など手作業に使用していた時間を本来の業務であるデータ分析に使えるようになりました。

吉光 繁和 氏

生産本部 生産部 主査

概要
課題
  • 商品の多様性に対応する詳細な製造原価管理業務、柔軟な製造原価管理会計の必要性

 

導入結果
  • Workday Adaptive Planning を導入することにより、データ集計時間をデータ分析時間に当てることが出来るようになりました。また、原価管理業務において、付加価値の業務が不要になり、工場の帳票の標準化が達成され、Excel使用時に発生していた間違いが無くなることで、業務の効率化が達成されました。