ニュースリリース

本リリースの有効日と発信地(現地時間)
2020 年 8 月 25 日・日本発

Workday 日本法人の社長に正井 拓己が就任

企業向けクラウド型財務人事アプリケーションプロバイダ大手の Workday, Inc.(本社:米国カリフォルニア州プレザントン、NASDAQ:WDAY)は 2020 年 8 月 12 日付けで、同社の日本法人であるワークデイ株式会社(以下、ワークデイ)のエグゼクティブ・プレジデント兼日本担当ゼネラルマネージャー日本法人社長に正井 拓己(まさい たくみ)が就任したことを発表しました。

正井は今後、APJ (アジア太平洋及び日本)地域担当プレジデントのデビッド・ウェブスターのもとで、日本市場の責任者として営業およびオペレーション、サービスを含むビジネス全般を統括します。

正井は、20 年以上にわたり日本企業のお客様のデータ分析やクラウド技術の活用、またそれらを用いたデジタル変革の推進に尽力してきました。正井は日本アイ・ビー・エムにてキャリアをスタートし、Pivotal ジャパンでは日本法人ゼネラル・マネージャーとしてアジャイル開発やクラウドネイティブ基盤を活用しエンタープライズ企業のトランスフォーメーションを牽引。直近では日本マイクロソフトにて同社のクラウドビジネスの拡充をリードしてきました。

「Workday チームとして、日本の HCM 市場拡大を目指し、国内企業の財務、人事、プランニングのデジタルトランスフォーメーションを支援することは、大きな挑戦であると共に貴重な機会だと思っています。お客様が働き方の急激な変化に柔軟かつ迅速に対応し、COVID-19 のパンデミックによる大きな変化から脱却し前進できるよう、全力で取り組んでまいります」と正井は述べています。

  

正井 拓己

エグゼクティブ・プレジデント兼日本担当ゼネラルマネージャー日本法人社長

  

写真

※ダウンロードクリック後に英語のポップアップが表示されますので、「Continue」を押して写真ダウンロードを開始ください。写真ダウンロード完了後もポップアップが表示され続ける場合は、「Cancel」ください。

  

Workday, Inc.(米国ワークデイ)について

米国ワークデイはクラウド型財務人事用エンタープライズ アプリケーションプロバイダです。2005 年に設立された米国ワークデイは、世界最大規模の企業、教育機関、官公庁などの組織で使用されることを念頭に設計されたヒューマンキャピタルマネジメント(HCM)、ファイナンシャルマネジメント、ビジネスプランニング、および分析用アプリケーションを提供しており、中規模企業からフォーチュン 50 社にランクインする大企業まで幅広い組織が導入しています。

英語版ウェブサイト: http://www.workday.com/
日本語版ウェブサイト: http://www.workday.com/jp/

  

© 2020. Workday, Inc. All rights reserved. Workday と Workday のロゴは、Workday, Inc. の登録商標です。

 

報道関係者お問い合わせ先

ワークデイ株式会社 広報窓口へのお問い合わせはこちら
E-mail : pr.japan@workday.com