プロフェッショナル サービス オートメーション

プロジェクトのライフサイクル全体を効率化

Workday プロフェッショナル サービス オートメーション (PSA) が、プロジェクトの提案から請求までをひとつのクラウドベース システムで完全にサポート。

Workday プロフェッショナル サービス ソフトウェア

設定可能な KPI に基づきプロジェクト ポートフォリオの健全性を評価

時間単位でのリソース需要と役割別の収益を予想

プロジェクト収益、効率性および収益性向上のためのコストの請求、認識、分析

適切な人財を適切なプロジェクトに配置

Workday は人財、プロジェクト、財務をひとつのシステムで管理します。包括的で使いやすいリソース データを基に効率的なプロジェクト チームを編成できます。

  • リソース マネージャを有効化して役割を定義し、企業内外からのタレント獲得を実現し適任者を雇用
  • 一元管理されたリソース管理ダッシュボードで人財配置ニーズを全体的に把握
  • 完了プロジェクト、および適切な人財配置と社員減少の防止につながるスキルを追跡
  • コンサルタントが、現在のタスクおよび今後発生予定の機会を閲覧できるため、興味や関心に基づくプロジェクトの選択が可能
  • 機械学習を利用し、離職率の予測、高リスク社員の特定、および重要なリソースを維持するための対策を実施可能

効率性と収益性の改善

プロジェクト納品、リソース活用、財務管理をひとつのシステムで最適化。Workday に組み込まれたコンテキスト対応のチャット機能により、無駄な調整を省きコラボレーションを促進できます。

  • Salesforce® などの CRM から Workday にデータを引き出すことで、見積もりから支払いまでのプロセスを効率化
  • プロジェクトの計画、人員配置、進捗管理、予算管理、結果予測、分析が、リアルタイム データにより 実施可能
  • 組み込み済みのリソース予測と活用率レポートにより、プロジェクトの計画を最適化
  • プロジェクトに関する活動を、ひとつの財務・ワークフォース計画に統合
  • 検討、承認、通知を実施する設定可能なワークフローと常時監査機能でコントロールを強化

プロジェクト請求を自在に管理

Workday PSA は、Workday ファイナンシャル マネジメント (Workday 財務管理) と統合されているため、請求書作成、収益認識、利益性分析、財務レポートの自動化と包括化が可能。

  • デュアル レポートとシナリオのモデル化によって、新旧の収益認識基準に準拠
  • タイム・アンド・マテリアル、固定費用、前払い、マイルストーンなど、さまざまな請求形式をサポート
  • トップダウンおよびボトムアップの両方の手法で柔軟なプロジェクト予算を策定
  • さまざまな角度からプロジェクトの情報をダイナミックに集計、レポート、分析

モバイル ワークフォースの可能性を拡大

時間と経費がモバイルで入力できるため、生産性が向上

  • 場所を問わず時間と経費の入力が可能、払い戻しまでの時間短縮を実現
  • 複数地域の税制をサポートし、エラーや手入力による調整を削減
  • プロジェクトの進捗状況や時間、支出に加え、予算や予測に関する最新情報を表示
  • 出張先からでも、プロジェクト進捗の編集、開始日、終了日の修正、チームとの連絡が可能
  • 帳簿、収益性、リソース需要などに関する詳細情報を取得可能