人財アナリティクス

直感ではなくデータに基づく確かな意思決定

事業内容に応じて人財とオペレーションを完全に把握できます。Workday の人財アナリティクスにより、データに裏打ちされた説得力のあるストーリー、行動へのモチベーション、そして変革をもたらします。 

人事アナリティクスの特長

ワークフォースの構成を明確化

データに裏づけられたストーリーでリーダーシップへ行動喚起

ワークフォースの差別化により競争力を強化

人財とオペレーションを事業の観点から照合

人財把握

ワークフォースの全体像をつかむWorkday の人事データおよびアナリティクスでは、リスクの特定、新たなビジネス チャンスの発見、傾向の追跡、要因の分析が可能です。

  • 世代や地域などにわたるワークフォース全体の統計データをあらゆるデバイスで分析可能
  • 社歴の浅い離職、優秀な社員の離職率など、社員数と離職傾向を視覚化
  • 性別による給与ギャップを表すダッシュボードなど、標準提供のレポートやツールによって多様性傾向を明確化
  • 総報酬レポートやダッシュボートによって、報酬方針に沿った公正な給与支払いが可能

人財育成

Workday HCM で社員とその能力をデータ化して、社員のキャリアアップ、後継者育成プラン、タレント リスクを管理します。

  • 業績の良いチームおよびサポートを要するチームの育成者を把握
  • リーダーシップ パイプラインに生じる欠員と最有力候補を特定
  • オポチュニティ グラフ、能力評価チャート、研修の推奨により社員の成長をサポート
  • 研修および人財開発への投資と、パフォーマンスおよび昇進率を比較して効果を測定

企業の健全性を保つ

能力や実績のある優秀な社員を雇用し、定着させます。Workday の人財アナリティクスでは、社員の要望と貢献意欲の源を特定できます。

  • 組織図に応じた主要な指標に基づきワークフォースの状態を把握
  • 予想定着率の分析により社員レベルのリスク因子を特定
  • 採用の質を示す指標に基づいた最適な採用判断
  • 多様性や貢献度を改善するためにサポートが必要な役割や組織を把握
  • Workday Data-as-a-Service による同業社とのパフォーマンス比較

オペレーションと人財のデータを統合して、より深いインサイトを得る

生産性と研修の効果、人財配置の需要などを把握します。Workday でオペレーションおよび人財を包括的に把握してリーダーシップを発揮する場を与えることで、業績を向上させることができます。

  • 財務データに業務データを付加することで、ビジネス パフォーマンスの全体像を確認
  • あらゆるソースから直感的にデータを準備して統合し、情報のサイロ化を防止
  • 適切な詳細レベルかつ最適なタイミングで業務上の重要なインサイトを取得
  • 権限の一元管理と Workday データ セキュリティにより、統合データを管理

Workday プリズム アナリティクスの詳細はこちら>