ラーニング

社員が積極的に参加する企業ラーニング

Workday は参加者同士で作成するコンテンツ、インタラクティブ メディアラーニング管理を社員が使いたくなる単一のアプリケーションにまとめ、企業ラーニングをグレードアップします。

ラーニングの特長

社員の興味や関心と属性に基づいてラーニングを推奨

キャリアのすべての段階で有意義なラーニングを提供

メディア、e ラーニング、講師による対面コースを組み合わせ、ラーニングに変革をもたらす

従業員による専門知識の共有を促し、相互学習を促進

今日の変化の激しい環境下にある社員をサポートするために、ラーニングを社員の本質的で日々価値のあるものに生まれ変わらせる必要がありました。Workday の機動性、最新性、魅力、影響力があれば可能です。

魅力的なラーニング環境

  • ラーニング プログラムに、ビデオ映像、参加者同士で作成するコンテンツ、互いに共有して学び合う環境を導入
  • ビデオ映像をインタラクティブにして、簡単なクイズ式テストを提供
  • 社員はどの種類のデバイスでも学習、専門知識を共有
  • 社員は自分でコンテンツを検索、推奨、評価

 

情報豊富な関連性の高いコンテンツを探してまとめる

  • 必要なラーニング、一人ひとりに応じた提案、同僚からのおすすめコンテンツに簡単にアクセス可能
  • 状況に合わせたキャンペーンを実行し、適切なタイミングでラーニングを提供
  • 効果向上のためのキャンペーン分析の実施

 

 

 

外部のコンテンツをWorkday 内で利用

より深い知識を身につける機会を提供します。Workday Content Cloud* を使用すると、ビデオ、記事、書籍、ポッドキャストを Workday ラーニング内で利用できます。ベンダーとのインテグレーションは Workday が管理するので、お客様は重要なことに集中できます。

 

キャリア パスに沿ったラーニングを提供

  • ラーニングの内容をオンボーディング、職務変更、昇進、キャリア相談に関連づける
  • 新入社員が業務を開始する前にラーニングにアクセス可能
  • ラーニング パスまたはコンテンツのプレイリストをカスタマイズして共有
  • 今後の社内でのキャリア変更に備えてスキルを身につけることが可能

企業ラーニングを手軽に管理できるワークスペース

管理者はラーニングを一元管理できるため、プロセスに費やす時間を減らして成果の向上に注力できます。

  • あらゆる種類のコンテンツ (ビデオ映像、ドキュメントなど) でひとつのコースを構成
  • トレーニングの割り当てと、自動修了期限通知により、必須学習項目を管理
  • コンテンツ保存とストリーミングは無制限
  • マネージャはチームの学習内容および KPI との関連性を確認可能

ラーニングの効果を測定して共有

  • Workday 全体でデータとラーニングを紐付けて、全体的な影響を把握
  • 取り組みを分析し、改善が必要な分野でアクションを起こすことが可能
  • コンプライアンスの追跡と報告
  • 貢献した人、受講者、コンテンツの上位に基づいたプログラム構築が可能

音声をテキストに自動変換

ビデオは一般に大きなブラック ボックスで、十分なインサイトが提供されません。しかし Workday のビデオ インテリジェンスなら、音声をテキストに変換して、ビデオ内の情報をさらに活用できます。

  • 見るのではなくコンテンツを読み上げるオプションを視聴者に提供
  • クローズド キャプションを追加し、別のタイプの学習スタイルにも対応
  • 読み上げソフトウェアに音声のテキストを送ることで、ビデオのアクセシビリティを向上
  • 変換されたテキストからキーワードを抽出し、おすすめコンテンツをパーソナライズ

学習する企業文化 (英語)

*Workday Content Cloud — おことわり

弊社の将来の製品に関する説明には、それらが公表されたものであっても、製品としては未発売であり、説明内容には将来の予定が含まれ、リスクや不確実性、想定を含む場合があります。未発売のサービスや製品仕様、機能、拡張に関する説明に関しては、Workday の裁量によって変更される可能性があるため、予定の通りに提供できない、またはしないものがあります。Workday は、こうした将来の予測に基づく説明を更新する義務を負わず、またその意思も示さないものとします。Workday のサービス購入を検討されるお客様は、現在利用可能なサービス、特長、機能に基づいて購入をご判断ください。