教育研修ラーニング

社員が積極的に参加する企業研修

Workday は参加者同士で作成するコンテンツ、双方向メディア、単一アプリケーション内での学習管理を組み合わせて、社員が受けたくなる企業研修へとグレードアップします。

企業研修の特長

Workday 内の従業員属性にもとづき、一人ひとりに合わせた研修内容を推奨

各キャリアステージに応じて役立つ研修を提供

魅力的なメディア、従来の e ラーニング、講師によるトレーニングコースを組み合わせ、企業研修に変化をもたらす

従業員による専門知識の共有を促し、相互学習を促進

変化の激しい環境下にある今日の社員をサポートするためには、本質的でしかも経験値として日々使える教育研修に生まれ変わらせる必要がありました。Workday の機動性、最新性、魅力、影響力があれば可能です。

魅力的な教育研修環境

  • 企業研修プログラムに、ビデオ映像、参加者同士で作成するコンテンツ、互いに共有して学び合う環境など最新の戦略を導入
  • ビデオ映像には双方向性を持たせ、魅力的な学習環境作り
  • 社員はどの種類の端末でも学習可能、社内で専門知識を共有
  • 従業員は自分でコンテンツを検索、推奨、評価

教育研修を個人レベルに

社員一人ひとりが求める豊かで役立つ経験を提供します。

  • 具体的なロール、職務変更、社員のキャリアステージに応じてコンテンツをカスタマイズ
  • 必要な教育研修、一人ひとりに応じた提案、同僚からのおすすめコンテンツに簡単にアクセス可能
  • 状況に合わせたキャンペーンを実行し、適切な学習を適切なタイミングに提供
  • 効果性向上のためのキャンペーン分析の実施

今後の成功を後押し

Workday 内の従業員の経験データを利用して、キャリアに応じた教育研修を提案します。

  • 企業研修の内容をオンボーディング、昇進、職務変更に関連づけ
  • 今後のキャリア機会を理解して社内でのキャリア変更に備えてスキルを身につけることができるため、成長意欲のある企業文化をサポート
  • キャリアプラン、パフォーマンス、目標設定の話合いに向けた教育研修の組み立て

企業研修を容易に管理

管理者は直感的に操作できる教育研修管理ワークスペースを使用できるため、処理時間を削減して研修内容の向上に注力できます。

  • ビデオ映像、書類、サーベイ、パッケージ化されたコンテンツ (SCORM、AICC)、講師による研修をひとつのコースに配置
  • 講師や会場を明示してコース属性を設定し、ウェイティング リスト、登録者リスト、成績表の維持・更新を実施することで、講師による研修を管理
  • 容量無制限のコンテンツとストリーミングにより、追加投資が不要
  • Workday による単一セキュリティおよびデータモデルを使って複雑なインテグレーションからの解放
  • 担当者のロールやアクセス権限をフレキシブルに設定可能

教育研修の効果を共有

簡単に深いインサイトを得られ、社内の教育研修の価値を測定、奨励することが可能です。

  • 教育研修を Workday のあらゆるデータに関連付けることにより、教育研修がビジネスにもたらす影響を理解可能
  • 組織全体の取り組みを分析し、改善が必要な分野でアクションを起こすことが可能
  • コンプライアンスの追跡と報告
  • 貢献した人、学習者、コンテンツの中の上位を特定し、その成功事例にもとづいたコンテンツ構築が可能